DISH//「五明後日」歌詞の意味を考察!最愛の人に贈る最期のメッセージとは

UtaTen

ドラマ「ザ・トラベルナース」の主題歌「五明後日」


DISH//が2022年11月3日に配信リリースした新曲『五明後日(読み方:ごあさって)』は、彼らが尊敬するアーティスト・山崎まさよしとの共作で制作されたバラード曲です。

本作は岡田将生主演のテレビ朝日系ドラマ『ザ・トラベルナース』の主題歌に起用されています。

▲DISH//-五明後日【OFFICIAL MUSIC VIDEO】

作詞を担当した北村匠海は、看護の世界にスポットを当てたドラマのストーリーに合わせ、“最愛の人に宛てた遺書”をテーマに歌詞を書いたそうです。

「命を扱うドラマだからこそ、その重さと儚さ、光と闇、カーブもストレートも、感じさせる曲ができたのかなと思います」とコメントしています。

ファンの間で早くも考察が広がっている歌詞の意味を徹底解釈していきましょう。

冒頭から主人公の疲れ切った様子が見えてきます。

問題の多い世の中や悩みの尽きない人生、自分の命さえままならない歯痒さに生きることを諦めてしまいそうになっているのでしょう。

カーテンを閉めて外の光を遮断した状態は、主人公が周囲に心を閉ざしていることを示していると解釈できます。

ここで出てくる「手紙」が彼にとって最愛の「君」に宛てた遺書です。

本当はもっと自然体の言葉で書きたかったのに、何とか紡いだ手紙は「らしくない言葉だらけ」。

読んだ時の彼女のことを想像して「許してくれるかな」と考えているところに、主人公の温かな愛情が感じられます。

「涙目の光」とは、主人公が泣きながら見つめている太陽の光のことだと思われます。

そして「花」は命の比喩表現。

太陽が大切に光を注いだ花が懸命に咲き誇るように、自分と向き合ってくれた彼女の想いがあるから、最後まで生きる力が湧いてきたことを伝えているのではないでしょうか。

続く「風邪気味の命」というフレーズは、心が風邪を引くという表現が基になっているのかもしれません。

失敗したりトラブルが起こったりした時には、誰でも落ち込んでしまいますが、大抵は数日経つうちに自身で乗り越えようとする力が出るものです。

しかし、人によっては気分が憂鬱な状態がずっと続き、元気が出ないことがあります。

これが心が風邪を引いた状態です。

そのことをふまえると「風邪気味の命」も、周囲から心を閉ざしてしまい懸命に生きようという意欲が湧かない状態を指していると考察できるでしょう。

そんな閉め切っていた心の窓を彼女が開けてくれたのです。

未来のことは誰にも分かりませんが、主人公は「笑えた気がしたんだ」とすでに確定の事実としてそうなる未来を信じて感謝しています。

タイトルの「五明後日」とは明々後日の次で、明後日の次の次の日のこと。

つまり、自分を支えてくれる人の存在があればいつまでも前向きな気持ちで生きていけるという大切なメッセージが込められているように思えます。

たとえすぐには気持ちが上向きにならないとしても、少しずつでも変わっていきたいという希望も感じられますね。

愛しているのに心ない言葉で傷つけてしまう




彼女は主人公に傷を隠しますが、彼はすぐに気がつきます。

「僕が君へ雨を降らせた」とあるので、彼自身が彼女を傷つけてしまったようです。

しかし、そう分かっているのに何もできない彼の不器用さが「傘も差し出せなくて」の言葉に表れていますね。

その時の事情が後半の歌詞に描かれています。

医療ドラマの主題歌であることや主人公が遺書を書いていることから、彼は病気を患って入院していると考えられます。

見舞いに来た彼女に「もう来なくていいのに」と心にもない言葉を投げつけてしまったようです。

きっと彼女が帰った後で独りで過ごす寂しさや、これ以上病気で苦しんでいたくないという気持ちから、苛立って強く当たってしまったのでしょう。

彼女に感謝しているのに傷つけてしまった自分が嫌いだと、責める気持ちが痛々しいですね。

美しく輝く太陽の光も、時にその激しさを煩わしく感じてしまうことがあります。

「当て付けの光」という歌詞は、周囲が気休めにかける言葉をネガティブに受け取って、自分への悪意を感じてしまうことを意味しているのかもしれません。

それでもそんな言葉のせいで笑えない時も「君が居れば良い」と言っていて、自分の中でどれほど彼女の存在が大きいかを示しています。

渇いた土に水をやるように、彼女の何気ない言葉が落ち込んだ心に染み渡っていきます。

そうすると今度こそ彼女に優しくできるはずです。

彼女を愛する気持ちは、きっといつまでも変わらないと信じています。

「好きだよ、好きだよ」というストレートな愛の言葉が素敵です。

遺書は「最後のラブレター」




花が咲き、枯れると実がなってまた次の花を咲かせますが、同じ命が巡っていくことはありません。

人の命も同様に、儚く消えていくものです。

しかし、思い出はそれぞれの心で連鎖し、次の世代へと受け継がれていきます。

だから生きている間の貴重な時間を独りで生きていくことはしたくありません。

「手を繋いでは離して」を繰り返しながら、人と関わり合って生きていきたい。

冒頭では心を閉ざしていた主人公の心の変化を感じさせる歌詞です。

主人公にはいよいよ最期の時が近づいています。

泣いている彼女を「泣かないで笑ってよ」と慰めている様子が余計に切なく感じられます。

また「僕のいない日々で悲しまないでよ」と、これから先の彼女のことも心配している様子も垣間見えるでしょう。

そばにはいられなくても見守っているから、自分を救ってくれたその笑顔で幸せに生きていってほしいと願っています。

彼女に宛てて書いた遺書は「最後のラブレター」です。

いつまでも感謝と愛の言葉が尽きません。

またどこかで会えることを願って伝えられる最後の「またね」に、主人公の優しい気持ちが込められています。

死を見つめて五明後日をどう生きる?


DISH//の『五明後日』は、いつかは死にゆく人の弱さと人との絆から生まれる強さの両面が描かれているように感じました。

人生はうまくいかないことの方が多いですが、支えてくれる人のことを大切にして命ある限り懸命に生きていきたいという前向きな気持ちにしてくれますね。

心に沁みる音楽とドラマのストーリーと合わせて、自身の人生や生き方を見つめ直してみませんか?

当記事はUtaTenの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ