Kawaguchi Yurina × ガンバレルーヤの異色コラボ実現、略称は「ガンバレ川口ゆりな」

dwango.jp news


アーティスト活動だけでなく、モデルとしての活動でも幅を広げるKawaguchi Yurina(川口ゆりな)。そんな川口側からのオファーで、大人気の女性お笑いコンビ・ガンバレルーヤとの異色コラボが実現。新生ボーカル&ダンス・ユニット「Kawaguchi Yurina×ガンバレルーヤ」(カワグチユチナ・バイ・ガンバレルーヤ)が2023年2月6日にデビュー。28日には新宿村スタジオにて、新曲発表会が開催された。



会見場に現れた川口は、今回のコラボオファーの経緯について「ガールズプラネットで、私の楽曲を使ったよしこさんのパフォーマンスを嬉しく拝見していて、会ってみたいな~と思っていたんです。お二人は本当にダンス経験がないなんて思えないほどにキレッキレなので楽しみにしていてください」と期待を持たせイベントはスタート。

オファーを受けた側のガンバレルーヤよしこは、「ずっと見ていた方なので、お話を頂けるなんて思っていなくて、めちゃくちゃ嬉しかったですね。ゆりなちゃんはとにかくカワイイし顔がちっちゃくて、ダンス中も私たちが前に出てるように見えちゃうくらいなんです。遠近感がおかしいので先生が少し困ってました」と会場を沸かせと、記者団より「Kawaguchi Yurina×ガンバレルーヤというユニット名を略すとしたら?」の質問が飛び、ガンバレルーヤまひるは、「ガンバレ川口ゆりな」と即答。これに、よしこが「ダッサ!ダサすぎる!でも…、それかな!」とツッコミを入れながらも同調し笑いを誘った。

肝心の楽曲『Cheeky Cheeky』について。構成はトリプルボーカルスタイルで、川口をメインボーカルとしながらも、まひるがRAP担当、よしこがハイトーンボイス担当と住み分けがなされているという。衣装はまだ製作途中ながらも、まひるが「ちょっと露出多め。乞うご期待!」と切り出し、よしこも「腋とか出るかもしれない」と続き、ダイエットにも取り組んでいることを語った。

終始笑いが絶えず仲の良さげな「Kawaguchi Yurina×ガンバレルーヤ」の面々。「意見が合わないことはなかった?」との質問が飛ぶと、よしこが「ダンスレッスンの時、ゆりなちゃんがちょいちょい汗拭きシートを渡してくれるんです。けっこうな頻度だったから…、「臭いのかな?」って…」と切り出すと、まひるが「ちょいちょいあったけどね、あれは純粋な優しさ」とツッコミ会場を盛り上げた。

グループとしての目指すところを問われた際には、川口が「一緒にライブしたいです。別の曲でもコラボしたいな」とノリノリで回答。まひるは「私はやっぱり、世界を目指したいです。まずはこの国を獲りたいです。この国の頂上のクイーンになりたいです」と大きな目標で会見パートを締めくくった。

続いては『Cheeky Cheeky』の初パフォーマンス披露。同曲はK-POPテイストの感じられるエレクトリックでダンサブルな楽曲。ダンスはセクシー&クールに仕上がっており、サビのダンスはファンと一緒に楽しめるキャッチーさが盛り込まれている。かなりの運動量と切れ味で構成されているダンスだが、ガンバレルーヤの2人もお笑い抜きで記者団を圧倒する完成度となっていた。

初パフォーマンスとのことで緊張と披露から、息も絶え絶えのよしこは、「一生懸命頑張りますので、どうぞ川口ガンバレを応援ください!」とイベントの最後に楽曲をアピールした。

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。