夫「お前は黙って家政婦してろ」相談もなく、義家族と同居することに!?→夫にからも”ありえない仕打ち”を受け…【作戦実行&反撃!】

lamire


日常では何かと理不尽なことも多く、モヤモヤするような出来事はありませんか? 今回は、そんなモヤモヤを吹き飛ばしてくれるかもしれない「義実家でのスカッとシーン」をご紹介します。

『嫁の実家に乗り込んできた夫と義両親の末路』


主人公はとある女性。
両親がなくなり実家を相続することになりました。

優しい夫に感謝…


広い家だったので、管理に自信がないと弱音を漏らすも…。
夫からの優しい一言で移り住むことを決意しました。

ところが突然…?!


引っ越し当日、なぜか義家族が一斉に家を訪れてきて…?!
「今日から一緒に住む」と言い出しました。

話を聞くと、なんの相談もなしに夫が許可したことが判明…。

しぶしぶ受け入れるも…?


相談もなく義家族と同居をすることになった主人公はモヤモヤしていました。
しかし、夫からの「家事の分担もできていいじゃないか」という言葉を信じてしぶしぶ受け入れたものの…。

義母も義姉も家事はせず、逆に仕事が増えただけでした…。

さらに、甥っ子は暴れまくり…


甥っ子のしつけはされておらず、なんと両親の仏壇をめちゃめちゃに…。
我慢できず義姉に文句を言うと…?

ありえない返答に唖然…!

堪忍袋の緒が切れ、夫に相談!


夫に相談すると、まさかの本性を目の当たりにすることに…。
本当に離婚届けまで突き付けられ、主人公はこの家に味方はいないことを悟ります。

反撃を決意


主人公は、「やられっぱなしじゃいられない」と、とある作戦をたて、反撃に出ることに!

義両親たちを騙すため、実家のリフォーム話を持ち掛け、家から追い出し…。
しばらく出張と話し、主人公は雲隠れ、夫から冗談で突き付けられた離婚届もサクッと提出してしまいました♪

実家を売却♪


しばらくして、義父が異変を察知。
夫が気付いたころには、離婚届は受理され、家もしっかり売却済みでした。

夫は慌てて弁護士に相談…


全くの見当違いの結果になり、夫は唖然…。

後悔したころにはもう遅い!


嫁の実家を利用し、全て自分の思い通りになると、過信していた夫と義両親の自己中な行動が引き起こした自業自得な末路にスカッとしました。
人に対して嫌な行動をとる人には必ず、それ相応の出来事が返ってくるんですね。

読者の感想

こんな夫は嫌だ…。妻のことを何だと思っているのですかね…。豹変するなんて怖すぎました。最後、主人公が反撃できたようでよかったです。(25歳/会社員)
最低な旦那さんです。遺産目当てで、妻を利用するなんておかしい話ですね。黙って従うとでも思ったのでしょうか?早々に本性を現してくれてむしろ良かったのかもしれませんね。(匿名)

(lamile編集部)(イラスト/モナ・リザの戯言)
本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。

当記事はlamireの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ