世界最大30キロ超え”金魚”を25分かけ釣った男性 「左右上下に振り回された」

しらべぇ




アウトドアのなかでも、世界中で昔から非常に人気が高い釣り。近年、若い世代や女性にもファンが急増しているという。

なかなかの辛抱や忍耐力が必要になる釣りだが、このたびある男性が世界最大の「金魚」を捕獲し、大きな話題になっている。イギリスの『Daily Mail』や『LAD BIBLE』などが報じた。

【動画】釣り上げた超巨大な金魚

■捕獲まで25分を要する


話題の釣り人は、イギリス・ウスターシャー州のキダーミンスターに住むアンディ・ハケットさん(42)。先日、フランス・シャンパーニュ地方の湖の一角にある『ブルーウォーター・レイク』という漁場で、釣りをしていたそうだ。

あるとき何やら大きな魚が引っかかったが、それはあまりに重く引っ張る力も強かったため、姿を確認するまでに25分もかかってしまった。

関連記事:山崎弘也、現在のペットを飼ったきっかけを告白 「飼うしかないヤツだ」

■20年以上前からいる大物


アンディさんが目にした魚は、超巨大でオレンジ色をしていた。それはレザーカープと鯉の交配種で、漁場の責任者であるジェイソン・コウラーさんによって20年以上も前に放たれた金魚だった。

そのとき以降、誰も釣り上げたことはなく、消息不明のまま時がたっていたなか、重さを量ってみると30キログラムを優に超えており、金魚としては世界最大のサイズと考えられている。

■記念撮影後は再び湖へ


かなり大きな金魚がその漁場にいると、噂で聞いていたというアンディさん。彼は「まさか自分が釣るとは思ってもいませんでした」とメディアに話している。

また、当時の様子については「竿がかなり引っ張られ、ものすごい力で左右上下に振り回されました」と明かしており、ついに水面に姿を見せた際は、輝くオレンジ色の巨体にとにかく驚いたそう。一緒に記念写真を撮った後は、湖に放したという。

■没頭できる趣味はある?


Sirabee編集部が全国10~60代の男女1,721名を対象に調査を実施したところ、全体の45.9%が「没頭できる趣味を持っている」と回答した。



仕事や勉強、育児に追われて「毎日があっという間に過ぎていく」「疲れた…」と嘆く人は多いが、そんななか没頭して無の境地になれたり、頑張る励みになったりする趣味の存在はありがたい。

なかでも釣りは、近年人気を盛り返し、趣味にする人々が約670万人もいるといわれる。こうした趣味が「人生に大きな意味と力を与えてくれている」と言う人は多いようだ。

■釣り上げた超巨大な金魚



当記事はしらべぇの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ