『ベルサイユのばら』、「マリー・アントワネット」の1億円のティアラが発売!ロードライトガーネット83.12カラット、ダイヤモンド合計10.21カラットをあしらった豪華仕様

numan


ジュエリーカミネは11月26日(土)、『ベルサイユのばら』誕生50周年を記念して、同作に登場する「マリー・アントワネット」のティアラを11月30日(水)に発売すると発表しました。ティアラの価格は1億円となっています。
ジュエリーカミネは11月26日(土)、『ベルサイユのばら』誕生50周年を記念して、同作に登場する「マリー・アントワネット」のティアラを11月30日(水)に発売すると発表しました。ティアラの価格は1億円となっています。c

c

今回発売する「マリー・アントワネット」のティアラは、池田理代子プロダクションと株式会社ジュエリーカミネが協力して製作したもの。中央にはロードライトガーネット83.12ct、全体にパール大小17個、ダイヤモンド合計10.21ctをあしらった豪華な仕様となっています。

また、18世紀の実際のティアラと同じく、ペンダント部分の宝石をシーンによって着せ替えることができる仕様となっており、作品世界を再現しています。

中央にあしらわれた大きなペンダントは、バラの花びらをイメージして作られたもの。中央には迫力ある存在感のロードライトガーネット、その上に輝くのはラウンド・ブリリアントカットのダイヤモンド3.00ct、周りを取り囲む1.62ctのダイヤモンドが光の連鎖を放ちます。

サイドのペンダントも薔薇を模しており、中央のパールと合わせてエレガントな輝きを放っています。1億円-02

1億円-02

1億円-03

1億円-03

ティアラを製作したのは、数々のティアラの製作実績を持つジュエリーデザイナー・八木裕子氏と、クラフトマンの田中 裕万氏。1年の歳月をかけて製作されたとのことで、作品の世界や時代背景を反映したデザインについてのコメントも公開されています。●「ベルサイユのばら」マリー・アントワネットのティアラ制作の想い
◆ジュエリーデザイナー 八木 裕子
当時流行の最先端だったマリー・アントワネットは、結い上げた髪にパールのネックレスを巻き付けたり、胸元にはガーネットのネックレスや手首にはブレスレットを装着したりするスタイルを好んでいたようです。そこでティアラのデザインには、ロココ調の美しい曲線に薔薇の花のモチーフをつかい、マリー・アントワネットが大好きだったガーネットとパールを使って高貴なオーラ溢れる「王妃マリー・アントワネット」を表現してみました。このティアラを見て、優雅な「ベルサイユのばら」の世界と王妃マリー・アントワネットに思いを馳せてください。

◆クラフトマン 田中 裕万
「ベルサイユのばら」を読み作品の内容を知る事からはじめました。ロードライトガーネットの枠は、裏側をばらの透かしにして、下腹部の爪は、ばらのトゲをイメージしています。3.00ctのダイヤモンドの枠は、ばらの花びらをモチーフにセッティングしました。「ベルサイユのばら」という素晴らしい作品の節目に携われたことに感謝しています。「ベルサイユのばら」マリー・アントワネットのティアラは、阪急うめだ本店にて11月30日(水)から12月12日(月)まで公開販売を行い、展示会の終了後に購入できるとのこと。展示スペースは無料で入場できるので、誰でもその輝きを目にすることができます。

価格は税別1億円。公開販売についての詳細などは、以下のリリースにて確認できます。

(執筆:anymo)

リリース全文は以下のとおり。「ベルサイユのばら」マリー・アントワネットの1億円のティアラを発売株式会社ジュエリーカミネ(本社:神戸市中央区、社長:上根 学)は、池田理代子プロダクションと協力し、「ベルサイユのばら」誕生50周年を記念して、星空の神々から祝福と繁栄を授かるジュエリーを散りばめた「ベルサイユのばら」マリー・アントワネットのティアラを完成し、2022年11月30日から発売します。販売価格は1億円(消費税別)です。
このティアラは、2022年11月30日から開催される誕生50周年記念「ベルサイユのばら展」(阪急うめだ本店9階)のアートステージのジュエリーカミネ・ショッピングブースにて公開販売を開始します。なお、ジュエリーカミネ・ショッピングブースは、「ベルサイユのばら展」と同じフロアのアートステージにあり入場無料です。※「ベルサイユのばら展」は有料の展示会となります。1億円-01

1億円-01

「ベルサイユのばら」マリー・アントワネットの1億円のティアラ1億円-02

1億円-02

ティアラをつけるマリー・アントワネット (C)池田理代子プロダクション■『ベルサイユのばら』マリー・アントワネットのティアラについて
宮廷のばらは凛として気高く、名作はとこしえに~漫画史に金字塔を打ち立てた「ベルサイユのばら」の誕生50周年を記念して、池田理代子プロダクションと株式会社ジュエリーカミネが協力して制作したティアラです。
18世紀のティアラには、儀式や社交界などの時にティアラについているジュエリーをシーンによって着せ替えて、雰囲気を楽しむ習慣がありました。当時を再現してシルバー925で制作し、ペンダント部分には取り外し可能とし様々なジュエリーをセットできるようにしました。様々なシーンで違った雰囲気を楽しめるよう工夫を凝らしています。
中央にはロードライトガーネット83.12ct、全体にパールに大小17個、ダイヤモンド合計10.21ctを施しています。制作は日本を代表するデザイナーと職人に依頼しました。過去に、数々のティアラの制作実績があるデザイナー「八木 裕子」、細部にまでこだわり宝石に魂を吹き込むクラフトマン「田中 裕万」が約1年の歳月をかけてつくり上げました。
※ct:カラット

(C)池田理代子プロダクション

●『ベルサイユのばら』マリー・アントワネットのティアラの概要
【本体】
・サイズ:縦11cm・横16.2cm・奥行14cm
・総重量:282g
・ロードライトガーネット 83.12ct、全体にパール大小17個、ダイヤモンドは合計10.21ct
・価格:1億円(消費税別)
・発売:2022年11月30日から

【PT(プラチナ) ロードライトガーネットダイヤペンダントトップ(正面ペンダントトップ)】1億円-02

1億円-02

PT(プラチナ) ロードライトガーネットダイヤペンダントトップ大きなペンダントはばらの花びらをイメージしてつくりました。ミックスカットのロードライトガーネット 83.12ctは妖艶なワインレッドの輝きを放ち、その上のラウンド・ブリリアントカットのダイヤモンド3.00ctが7色の強い光を放っています。そして周りに取巻いた小さなダイヤモンドたち1.62ctがキラキラとした光の連鎖を放ちながら、ロードライトガーネットとダイヤモンドの2つの輝きをそっと包み込んでいます。それぞれ違う魅力的で華やかな輝きの協奏曲をゆっくりとご堪能下さい。なお、このロードライトガーネットは、2018年にジュエリーカミネのスリランカ自社鉱山のラトゥナプラ鉱山(ティリワナキャティア)で採掘されました。
◆使用宝石
正面 ガーネット 83.12ct
正面上 ダイヤモンド 3.00ct
取巻き ダイヤモンド 1.62ct【PT(プラチナ)南洋パールダイヤペンダントトップ(サイドのペンダントトップ2個)】PT(プラチナ)南洋パールダイヤペンダントトップ

PT(プラチナ)南洋パールダイヤペンダントトップ

PT(プラチナ)南洋パールダイヤペンダントトップサイドに取り付ける可愛いペンダントも薔薇の花びらをイメージしてつくりました。中央にはマリー・アントワネットが好んだパールを施しました。「宝石の女王」と呼ばれるオーストラリア産の南洋パール12.3mmは、深くきらめくシルバーカラーの柔らかな輝きを放っています。その上のラウンド・ブリリアントカットのダイヤモンド2.04ctと2.01ctは、7色の強い光を放っています。そして周りに取付けた5つの大小さまざまなダイヤモンドたち0.77ctが、それぞれ異なる輝きでパールを引き立てています。パールとダイヤモンドの輝きが重なり合い、魅惑の光のハーモニーを奏でています。
◆使用宝石
正面 南洋パール12.3mm・12.3mm 2個
正面上 ダイヤモンド 2.04ct・2.01ct 2個
取り巻き ダイヤモンド0.77ct・0.77ct 2個●「ベルサイユのばら」マリー・アントワネットのティアラ制作の想い
◆ジュエリーデザイナー 八木 裕子
当時流行の最先端だったマリー・アントワネットは、結い上げた髪にパールのネックレスを巻き付けたり、胸元にはガーネットのネックレスや手首にはブレスレットを装着したりするスタイルを好んでいたようです。そこでティアラのデザインには、ロココ調の美しい曲線に薔薇の花のモチーフをつかい、マリー・アントワネットが大好きだったガーネットとパールを使って高貴なオーラ溢れる「王妃マリー・アントワネット」を表現してみました。このティアラを見て、優雅な「ベルサイユのばら」の世界と王妃マリー・アントワネットに思いを馳せてください。

◆クラフトマン 田中 裕万
「ベルサイユのばら」を読み作品の内容を知る事からはじめました。ロードライトガーネットの枠は、裏側をばらの透かしにして、下腹部の爪は、ばらのトゲをイメージしています。3.00ctのダイヤモンドの枠は、ばらの花びらをモチーフにセッティングしました。「ベルサイユのばら」という素晴らしい作品の節目に携われたことに感謝しています。■公開販売について
 ・日時:2022年11月30日(水)から12月12日(月)10時から20時 ※最終日 18時
 ・会場:阪急うめだ本店(大阪府大阪市北区角田町8番7号)9階の「ベルサイユのばら展」アートスペース内
     「ジュエリーカミネ・ショッピングブース」
     ※アートスペース内「ジュエリーカミネ・ショッピングブース」の入場は無料
 ・内容:マリー・アントワネットの1億円のティアラの公開販売の他、池田理代子先生の
     『ジュエリー絵画® ベルサイユのばら シリーズ』、『FEILERベルサイユのばら ハンカチ』、
     『ベルサイユのばら カレー』などの販売を予定
     ※ティアラは展示会終了後にご購入いただくこととなります。

【参考】
 ・誕生50周年「ベルサイユのばら展」については、下記HPをご参照ください。
  https://verbaraten.com/

■ジュエリー絵画Ⓡについて
ジュエリーカミネでは、日本が誇るアニメーション文化を発信する新ジャンルの商品として、ジュエリー絵画Ⓡを制作、日本国内をはじめ海外にて展開しています。このジュエリー絵画Ⓡは、輪郭の線画以外はすべて宝石を素材に作られており、熟練した職人が一つ一つ手作業で宝石を敷き詰めて制作する絵画で、細かい部分は宝石を砕き、パウダー状にして貼り付けています。ジュエリー絵画® ベルサイユのばら シリーズ

ジュエリー絵画® ベルサイユのばら シリーズ

ジュエリー絵画® ベルサイユのばら シリーズこれまで、池田理代子先生の「ベルサイユのばら」、手塚治虫先生の「鉄腕アトム」や「火の鳥」などの不朽の名作漫画や、(株)サンリオの「ハローキティ」などの「サンリオキャラクターズ」のジュエリー絵画®︎を発売しています。そして、2021年6月にはディズニーデザインとして、『ファンタジア』のジュエリー絵画®︎などを販売しています。

◆株式会社ジュエリーカミネについて
明治39年(1906年)神戸元町に創業117年。業種は宝石小売業。神戸・西宮・芦屋市に合計7店舗を持つ。日本で唯一、スリランカに複数の鉱山を所有し、採掘から研磨・原石の状態から宝飾品になるまで一貫して取り扱うカラーストーンカンパニー。
・会社ホームページ  http://kaminesz.com/
・ジュエリーカミネショッピングサイト https://www.jewelry-kamineshop.co.jp/

■ジュエリーカミネのライセンス事業について
ジュエリーカミネでは、池田理代子プロダクションとのライセンス契約のもと、コラボ商品として『ジュエリー絵画® ベルサイユのばら シリーズ』、『FEILERベルサイユのばら ハンカチ』、『ベルサイユのばら カレー』、『ベルサイユのばら 紅茶』などを販売しています。

<一般からのお問い合わせ先>
株式会社ジュエリーカミネ 
〒650-0022 神戸市中央区元町通3丁目5-8
ライセンス事業部
TEL:078-332-5575  FAX:078-332-5513
ジュエリーカミネショッピングサイト
https://www.jewelry-kamineshop.co.jp/

当記事はnumanの提供記事です。