宮世琉弥『闇金サイハラさん』高橋メアリージュンの“オンオフ”に驚き「ギャップがすごい」

dwango.jp news


MBS・TBSドラマイズムで放送中のドラマ「闇金ウシジマくん外伝 闇金サイハラさん」の舞台あいさつ付き試写イベントが26日、都内で行われ、高橋メアリージュン宮世琉弥古畑星夏崎本大海やべきょうすけマキタスポーツが登壇した。

「闇金ウシジマくん外伝 闇金サイハラさん」は、山田孝之主演で実写化された「ウシジマくん」シリーズの新章で、主人公となるのはウシジマ最大の宿敵だった女闇金・犀原茜(サイハラアカネ)。犀原率いる闇金・ライノーローンで犀原の右腕・村井と新人の硲とともに、日々、債務者たちに非合法な高金利で貸し付け、容赦なく取り立てる様子を描いている。



この日の舞台あいさつは全員役衣装で登場。劇中では犀原が独特なラーメンの食べ方をしているが、高橋は「最初は麺がまとまって口に入っちゃうので食べられなかったけど、スタッフさんがまとまりを作ってくれたので、食べやすくなった。そのおかげでスムーズに食べられます」と裏側を明かした。

犀原は普段ボソボソとしたしゃべり方だが、キレると聞き取れないほど早口になるのが特徴。抜粋された“早口キレ台詞”のシーンがスクリーンで上映されると、演じている高橋本人も「自分でも(何を言っているのか)わからない」と苦笑。台詞は「台本に書いてあったり、なかったり」で自分で考案した台詞を追加することもあるという。

高橋は「腹から声を出すのではなく、なるべく喉から声を出して様子がおかしい人を演出しています。お腹から声を出すと迫力が出て、それだと普通になってしまう。クレイジーに見えるようにのどから出す。なので、声帯への負担がすごくある。(大声だから)家で練習できないですね」と苦労を吐露した。

宮世は、高橋の“早口キレ台詞”について「撮影のときは何を言っているのか台本に書いてあるのでわかる。改めて映像で見ると『これ何言ってるの?』と忘れてわからなくなる。見ている人も何回も聞き返していると思う。一緒に撮影しているとビックリしちゃいます。声が大きいので」とコメント。また、「メアリーさん切り替えがすごくて、犀原さんを演じ終わるとすぐメアリーさんになる。ギャップがすごいんですよ」と高橋の芝居とオンオフに圧倒されている様子だった。

空気階段鈴木もぐら、9番街レトロ・なかむら☆しゅん、プリズンクイズチャンネルの庄田健裕、ウエスタンズの荒井卓哉が“クズ芸人”として登場。それぞれクズエピソードを披露し、犀原さんに扮した高橋に“早口キレ台詞”で活を入れてもらうコーナーが実施された。

ファンの前で“早口キレ台詞”を披露し、「緊張しました。たぶん何回か噛んでしまって言えていなかったのがあると思う」と反省。芸人のクズエピソードは「笑わないように必死だっ

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ