小室圭さんに垣間見える「敏腕弁護士」の片鱗【三田モニカの勝手に占っていいですか?】

アサジョ


 こんにちは。三田モニカです。今回は、三度目の正直で、ついにニューヨーク州の司法試験に合格した、小室圭さんについて占ってみたいと思います。今回も、使用するのはホロスコープ。小室圭さんが生まれた瞬間、どの惑星がどの位置に配置されていたかで占います。ホロスコープというのは、惑星の配置図のことです。

さて、小室圭さんのホロスコープを拝見してまず感じたのが、「弁護士は天職では?」ということ。その人の性格や人生、生き方を示す太陽が、天秤座に配置されているうえ、知性やコミュニケーション、言語能力などを示す水星も天秤座だからです。天秤が、弁護士資格者のバッジに刻印されていることは、皆さんご存知だと思います。そう、天秤はギリシャ神話の正義の女神、アストレイアの象徴。アストレイアは天秤座をつかさどる女神なのです。

このことからわかるように、天秤座というのは、公平さ・バランス・正義を愛する傾向をもちます。小室さんもおそらく、日頃から誰に対しても公平に接しているはず。また、考え方も公平そのものだし、平和主義者だし、ケンカの仲裁や難しい交渉の取りまとめなどに向いているでしょう。というのも、双方の言い分に耳を傾け、両者が納得する落としどころを見つける才能が見受けられるからです。そんな小室さんですから、まさに法曹界に従事するのは運命だったのかもしれませんね。

一方、感情や好み、ライフスタイルを表す月が、乙女座にある小室さん。これは、「ひとこと多い」タイプの典型なんですね。細かいところまで目に付くから、つい口に出ちゃう。「小うるさい」「小姑」などと陰て言われているかもしれません。さらに、結構、気にしやすいタイプでもあるので、過ぎたことを引きずっているかも‥‥。奥様である眞子さんに、つい嫌味など言ってなきゃいいんですけどね。

ここで、惑星同士の角度に目を向けてみます。知性の星・水星と、性格の星・太陽が0度を形成しています。これは、合理精神に富み、実務能力が高いことを示しているもの。それだけでなく、言葉によって自己表現をしたいという気持ちが強く、ときに大胆な行動や発言をすることも暗示しているのです。

おそらく小室さんは、いずれ弁護士事務所で頭角を現すでしょう。その際、表現力豊かで、力のこもった言葉を使い、裁判に勝利するのではないでしょうか。

(三田モニカ)

8月1日生まれ。獅子座。A型。占術家。アロマテラピーアドバイザー。早稲田大学第一文学部西洋史学科卒業。占い情報誌の編集プロダクションを経て独立。西洋占星術、血液型診断、タロット等のロジックを応用した開運術を提唱。著書に「A型人間の頭の中」「B型人間の頭の中」(いずれも青志社)など。

当記事はアサジョの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ