東北で雷雨や竜巻の恐れ 寒冷前線通過中 夕方は北陸も大気の状態が非常に不安定

日直予報士

きょう26日は、東北で大気の状態が非常に不安定になり、南北に延びる活発な雨雲やカミナリ雲が通過中です。夕方以降は北陸でも落雷や竜巻などの激しい突風に十分な注意が必要です。

●寒冷前線が通過中

きょう26日は、東北を中心に大気の状態が非常に不安定になっています。

午前9時の天気図を見ると、北日本に寒冷前線が接近していて、現在はこの前線に伴う活発な雨雲やカミナリ雲が、秋田県や山形県などにかかってきています。一部では落雷も観測してます。

●夕方以降は北陸も発雷確率が急上昇

東北では、きょう26日の夕方以降も大気の状態が非常に不安定でしょう。また、北陸でも夕方には発雷確率が急上昇します。

各地、急な強い雨による道路の冠水、落雷による停電、竜巻による建物の被害など、十分な注意が必要です。日が沈んでからは、積乱雲や竜巻の接近などが確認しづらくなることがあります。家の中の安全な場所で過ごすようにしましょう。

●竜巻が接近したら安全な場所へ

竜巻が接近した際に、家の中でどのような場所に避難すればよいのか。ポイントをまとめました。

窓や壁から離れてください。できれば家の1階の窓のない部屋に避難しましょう。もし窓がある場合は、窓を閉めて、カーテンを引いてください。

雨戸やシャッターがあれば、閉めておきましょう。頑丈な机やテーブルの下に入り、身を小さくして、頭と首を守る姿勢をとってください。

当記事は日直予報士の提供記事です。