真空ホロウ、活動終了を発表。16年の活動に終止符

E-TALENTBANK


Vo,Gt・松本明人、Drs,Cho・MIZUKIの2人からなるバンド・真空ホロウが活動終了を発表した。

2006年に結成されてから、メンバーチェンジを経て、2019年12月より、松本明人(Vo,Gt)、 MIZUKI(Drs,Cho)の2人体制で活動中だった真空ホロウ。

この度、メンバー、スタッフの間で、バンドとして表現できることをすべて全うしたとの結論に至り、活動終了発表になったという。松本とMIZUKIは、今後それぞれで音楽活動を続けていく予定だ。

12月2日にはワンマン公演「真空ホロウ 15th Anniversary +1 Final -キネマ倶楽部ワンマン公演-」の開催、12月17日には「Mito Music Candle 2022」への参加が既に発表されているが、今回新たに来年2月18日、東京・代官山ユニットでのワンマン公演開催が発表された。これが真空ホロウのラストライブとなる予定だ。

【松本明人(Vo,Gt)コメント】


現事務所に所属して、デビューから丸10年。現メンバーで5周年という令和4年度を以て、僕は"真空ホロウ"という思春期を終えます。

僕にとって"真空ホロウ"が全てでしたので、これからまず真空ホロウではない自分がどんな表現をしていくのかを、ゆっくり、しっかりと考える時間を作り見つけていきますので、またその先の場所でお目に掛かれますと幸いです。

約17年間、本当にありがとうございました。2023年2月18日までの残り3本の公演、全力で参りますのでよろしくお願い致します。

【MIZUKI(Drs,Cho)コメント】


真空ホロウのドラムコーラスとしてのMIZUKIを受け入れ、応援してくれた皆さま、本当にありがとうございました!わたしの音楽人生でとても意味のある貴重な5年間となりました!明人さんの意向を尊重して、ふたりは別々に歩むことになりましたが、今後ともドラマーMIZUKIを宜しくお願い致します。残り少ないライブも精一杯ぶちかましますので、皆さまと一緒に楽しめたら嬉しいです!

【ライブ情報】


◆真空ホロウ 15th Anniversary +1 Final -キネマ倶楽部ワンマン公演-2022年12月2日(金)東京キネマ倶楽部 開場18:15 開演19:00ゲストアーティスト:小林太郎、コヤマヒデカズ(CIVILIAN)、純市(CIVILIAN)、理土、巽imustatサポートベーシスト:コレナガ リョウスケ(ex.雨のパレード)※1ドリンク代別途必要 ※未就学児入場不可※一般販売にてチケットをご購入されたお客さまもライブ公演当日までに真空ホロウオフィシャルFC「真空館」にご入会いただき物販及びFCにてマイページを確認させていただればFC特典をプレゼントさせていただきます。▼FC特典内容・直筆サイン入りオリジナルピクチャーチケット・幻の『Slow and steady』再録音源『真約・Slow and steady』

◆Mito Music Candle 20222022年12月17日(土)茨城・常陽藝文センター open 14:00 / start 14:45w/ 磯山純 / nikiie / 松川ジェット(LACCO TOWER) / 山田将司(THE BACK HORN) / 渡和久(風味堂) / O.A. (順不同)※真空ホロウは ACOUSTIC BAND 形態での出演となります。サポートミュージシャン:Ba.是永亮祐 (ex.雨のパレード)

◆ラストライブ2023年2月18日(土)代官山UNITサポートベーシスト:コレナガ リョウスケ(ex.雨のパレード)

当記事はE-TALENTBANKの提供記事です。