【カヌレ】チョコレート専門店の『生チョコカヌレサンド』がおいしそう~

イエモネ

自由が丘のチョコレート専門店「MAGIE DU CHOCOLAT(マジドゥショコラ)」から、パナマで生産されたカカオ豆を使用した『生チョコカヌレサンド』が新登場。2022年11月23日(水・祝)より玉川高島屋にて先行販売がスタートしています。自由が丘本店、マジドゥショコラ公式オンラインショップでは、12月1日(木)から販売されます。



>>>しるこサンド×世界的パティシエ「チョコ生しるこサンド」が帰ってきた♪

自由が丘のチョコレート専門店「MAGIE DU CHOCOLAT(マジドゥショコラ)」



自由が丘のチョコレート専門店「MAGIE DU CHOCOLAT(マジドゥショコラ)」はシェフ松室和海(マツムロ カズウミ)さんが、「カカオ豆の繊細な味を引き立たせ多くの人に知ってもらいたい」と考えカカオ豆から板チョコまでの生産工程を管理するBean to bar(ビーントゥーバー)にこだわったチョコレート菓子を製造販売しているチョコレート専門店。

そんなチョコレート専門店から、「生チョコカヌレサンド」が登場。2022年11月23日から 玉川高島屋ブラックフライデーで先行販売、2022年12月1日(木)から自由が丘本店、マジドゥショコラ公式オンラインショップで販売がスタートします。

シェフ渾身の一品「生チョコカヌレサンド」



カヌレは、フランスのボルドー地方の伝統菓子で、外は固く香ばしく、内側はもっちりやわらかい食感が特徴のお菓子です。日本でも人気が再燃しているお菓子ですね!



今回の『生チョコカヌレサンド』は、日本ではまだ珍しいパナマ産「KOTOWA農園」のカカオ豆との出会いから着想し何度も試作を行いカカオ豆のよさを最大限に発揮させたオーナーシェフ松室和海さん渾身の一品だそうです。



バターをタップリと効かせたカヌレを、表面はパリッとした食感でラム酒の香広がる生チョコをサンドすることでマリアージュを完成。食感のアクセントと満足感が追及された、ほかにない新しいカヌレを楽しめます。

商品名      : 生チョコカヌレサンド4個入り(パナマ産カカオ豆使用)
価格       : 2,300円(税込)
賞味期限     : 冷蔵7日間
特定原材料等   : 乳成分・卵・小麦・大豆
店頭販売     : 玉川高島屋先行販売
通販販売     : 2022年12月1日(木)から販売開始
オンラインショップ: http://www.magieduchocolat.shop-pro.jp

※情報はプレスリリース発表時点のものとなります。最新情報は公式サイトなどでご確認ください。

https://iemone.jp/article/gourmet/yukari_384392/

当記事はイエモネの提供記事です。