福士蒼汰&宮野真守が出演、猥雑で妖しく摩訶不思議な世界『神州無頼街』 ゲキ×シネのポスタービジュアルと予告が解禁

SPICE



2023年1月13日(金)より、劇団☆新感線の舞台を映画館で上映する《ゲキ×シネ》として全国公開される『神州無頼街(しんしゅうぶらいがい)』のポスタービジュアルと予告映像が完成した。

本作品は、2020年にコロナ禍で上演延期となったが、2022年春には劇団☆新感線42周年興行として大阪・静岡・東京にて豪華キャストとアクション&アンサンブルチームと共に、満を持しての“フルスペック”新感線として上演。“幕末”や“侠客”という、これまで中島が新感線では取り上げなかった題材を用いて描いた猥雑で妖しく摩訶不思議な世界を、いのうえひでのりが歌あり踊りあり立ち回りあり、そのすべてをショーアップさせて創り上げた伝奇時代劇は、連日大盛況となり、大いに話題となった。

物語の主人公で博識の若き町医者、秋津永流(あきつながる)を演じるのは福士蒼汰。そして陽気でお調子者の口出し屋、草臥(そうが)を演じるのは宮野真守。お互いを助け合い、時には足も引っ張り合うふたりの"バディ"は多くの観客を沸かせた。そして、富士の裾野に“無頼の宿(ぶらいのしゅく)”を開く、ワイルドかつ謎に満ちた侠客・“身堂蛇蝎(みどうだかつ)一家”を、松雪泰子、髙嶋政宏、木村了、清水葉月の4人が強烈な個性で演じ作品を彩った。また、粟根まことのほか、お馴染みの劇団員たちも勢揃いし物語世界をしっかりと支える。

発表された、ゲキ×シネ版のポスタービジュアルは、「富士の裾野の無頼街で、身堂一家が巻き起こす豪胆にして無慈悲な大博打。そこに永流&草臥の最強バディが、日の本の命運すら揺るがす策謀と立ち向かう!」そんな作品世界を表現している。さらに、公演中、話題になった福士蒼汰の立ち回りのキレの良さ、そして宮野真守の歌う魅力が堪能できる予告映像も本日解禁。公演の追体験でもあり、また映像ならではの新しい迫力が詰まった予告を見ることができる。

GEKIxCINE Official ゲキ×シネ『神州無頼街』予告

そして、予告解禁を記念して、ゲキ×シネ公式Twitterでは「予告映像リツイートキャンペーン」を実施。対象のツイートをリツイートした方の中から抽選で、福士蒼汰&宮野真守サイン入りTシャツ他豪華オリジナルグッズをプレゼントする。

当記事はSPICEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ