マツコが「これおいしい!」と絶賛 6Pチーズ買ったら必ずやるべき食べ方3選

fumumu


6Pチーズ

冷蔵庫にあると嬉しい6Pチーズ。本記事では、これまでfumumuで掲載した6Pチーズに関する記事のなかで、とくに反響が大きかった3つのレシピを改めてご紹介します。

■マツコ絶賛「醤油+海苔」


6Pチーズ

まずは、以前『マツコの知らない世界』(TBS系)にて、チーズ鑑定士の梶田泉さんが紹介したレシピ。

油をひかず、テフロン加工のフライパンで6Pチーズを両面1分づつ表面がこんがりするまで焼いたら、醤油をからめるだけ……という超簡単なアレンジで、スタジオで試食したタレントのマツコ・デラックスさんは「あっ……!」とたった一口で恍惚の表情に。

6Pチーズ

これをさらに焼海苔で巻いて食べても絶品で、マツコさんは「これは美味しいね…」「ちょっとお餅の磯辺焼きみたいな」と大絶賛。

担当した編集部員も、「小学生の子供にも大好評で、いつもの倍速以上のスピードで冷蔵庫から6Pチーズが消えていきました」と話していました。

関連記事:マツコも唸った「6Pチーズの食べかた」が最高すぎた 今度からこうする…

■山本ゆりさん考案「6Pチーズいももち」


6Pチーズいももち

続いては、料理コラムニストの山本ゆりさんが考案した「6Pチーズいももち」。材料は以下のとおり。

・6Pチーズ:1箱(今回は1/2箱を使用)

・じゃがいも:2個(250g)

・片栗粉:大さじ1程度

・水:大さじ2程度

・塩、こしょう:各少々

・片栗粉、サラダ油:各適量

じゃがいも2個(250g)を洗い、水気がついたまま1個ずつラップに包み、600Wの電子レンジで4分加熱。裏返してもう1分加熱したら、ラップごと水につけて冷まし、皮をむきます。

■「危険なほどウマい」と編集部も感激…


6Pチーズいももち

皮をむいたじゃがいもをつぶし、片栗粉、水、塩コショウを加えて混ぜ合わせて生地を作ったら、6等分した生地を手の平で薄く広げ、6Pチーズを中に入れて包みます。その後片栗粉を全体にまぶし、フライパンに油をひいて弱めの中火で熱し、両面にこんがり焼けたら完成!

担当した編集部員は、「片栗粉のおかげで全体がしっかりサクッと仕上がっていて、じゃがいものホクホク感と、中からとろっと出てくるチーズのコクが…これはたまりません」と話していました。

なお、編集部では味変としてはちみつをかけてみたところ、こちらもおいしかったです。

■雪印公式「とろッピ~」が最強


6Pチーズ

最後は、雪印メグミルクの公式ページで紹介されている「とろッピ~」というアレンジ。写真のように適当な大きさにカットした海苔の上に6Pチーズをのせ、それを耐熱皿にのせたら、600Wの電子レンジで10秒温めるだけというお手軽さも魅力です。

編集部員が自宅で試したところ、ほどよくとろけたチーズと海苔の組み合わせが最高…。何もしたくない日の晩酌のお供にももってこいの味わいでした。

気になったレシピをぜひ試してみてくださいね。

・合わせて読みたい→ロバート馬場考案の「えのきの鬼ウマい食べかた」 きのこの絶品レシピ3選

(文/fumumu編集部・fumumu編集部)

当記事はfumumuの提供記事です。