乃木坂46、齋藤飛鳥のラストシングル「ここにはないもの」ミュージックビデオが公開

SPICE


12月7日(水)に発売する乃木坂46の31stシングル「ここにはないもの」のミュージックビデオが完成、オフィシャルYouTubeにて公開された。

今年の10月末から11月上旬にかけて、全員でのダンスシーンは「六本木ヒルズ」屋上のスカイデッキ、ドラマや齋藤飛鳥のダンスシーンで東京メトロ銀座線「渋谷」駅、その他都内の様々な場所で3日間撮影した「ここにはないもの」のミュージックビデオ。アパレルショップで働く齋藤飛鳥が、半ば諦めかけていたデザイナーの夢を再び追い始めるというストーリーになっている。ダンスを撮影した六本木ヒルズの屋上は、普段ヘリポートとしても利用されている場所の為、撮影用に芝生を張り花を飾った結果、撮影の合間はメンバーの撮影大会となり、メンバー同士で多くの写真を撮っていたそうだ。また撮影許可がなかなか下りない東京メトロ銀座線「渋谷」駅では、ホームで齋藤飛鳥のソロダンスを撮影。なお駅構内のホームでダンスを撮影するのはグループで初となる試み。

そして乃木坂46としてラストシングルになる齋藤飛鳥が、「メンバー全員が楽しくそして可愛く撮影できるといいな」という本人の希望通り、終始笑顔が溢れる撮影現場になったそうだ。『ももいろそらを』で第24回東京国際映画祭ある視点部門にて作品賞を授賞、第50回ヒホン国際映画祭では日本映画として初のグランプリを受賞。『ぼんとリンちゃん』では第55回日本映画監督協会新人賞や第18回上海国際映画祭アジアン・ニュー・タレントアワード優秀撮影監督賞他を受賞など、映画界で活躍する小林啓一が、初めて乃木坂46のミュージックビデオを手掛けた。ラストシーンで齋藤飛鳥直筆の「いってきます」が全てを物語る。

乃木坂46「ここにはないもの」ミュージックビデオ

当記事はSPICEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ