子なし女性が抱える心のモヤモヤ、「年賀状」や「母の日」がつらいワケ

女子SPA!

“産まない産めない女性の幸せな人生計画”を応援するポッドキャストとサイト「FLOW」を運営し、子どものいない女性や夫婦の情報を発信するボレンズ真由美さん(41歳)。

インタビュー前半では、3カ国8年間の不妊治療体験と、ご夫婦ふたりで歩む道を選ばれたあとの葛藤や、どのように気持ちを切り替えて行ったのかについてお話を聞きました。

ボレンズ真由美さん(以下、ボレンズ)「『子どもがいない人生をどう受け止めたらいいかわからない』というお悩みは多いですね。

私の活動をご覧いただいて、『真由美さんのように笑っていたいのに、うまく切り替えられない』という声が寄せられます。パートナーや両親への罪悪感や自分自身への後悔も募って、心のプロセスが進まないという方も、大勢います。

私は自分が思い描いていた未来を奪われることを“グリーフ”(悲嘆)と呼んでいます。大切な人を失って深い悲しみに陥る人は多いですよね。思い描いていた未来を失うことも、大切な人を失ったときに似たグリーフが伴います。想いを断ち切るべきものではなく、グリーフは上手に付き合っていくものだと思っています。

たとえば赤ちゃんの写真を見ただけで心がざわついたり、人に会いたくなくて外に出られなかったり、どうにも力が入らないことがあったら、それは大切な人を失ったときのグリーフに似ている。グリーフと向き合うことをせず、無理矢理気持ちを箱に押し込めて、心の奥にしまっておく。40代はそれでよかったとしても、50代や60代で何かをきっかけにそのフタが開いて、『ブラックボックスが開いてしまいました……』と悩みを打ち明けてくる方がたくさんいます。

子どもが授からない、あるいは流産や初期流産など、ひどく悲しい思いをしても我慢して切り替えよう、忘れようと心に無理ばかりさせてきた方が、後になって抑えていたお気持ちと向き合うことで、大変苦しい思いをされています」

◆子どものいない理由は人それぞれ

――ひと口に“子どものいない人生”といっても、さまざまなケースがありますね。ただ、子どものいない人たちがどんな思いを抱いているのか、世間に伝わりきっていないことも大きいように思います。

ボレンズ「子どもがいないと『自分は女性として義務をはたしていない』と肩身のせまい思いをし、自分のことを語りづらくなる人も多いですね。

“子どもがいない人”とひとくくりにせず、さまざまな背景があることを社会に識(し)ってもらうのはとても重要だと思います。最初からふたりで生きる人生を選んだ人もいれば、私たちのように結果的にそうなってしまった人もいます。

また、持病をもっていて、『次の世代に継ぎたくない』という責任感から子どもをもうけないという人もいます。『女性だから母性がある』という固定観念も、変えていかなければと思います。男女問わず、子孫を残したいと思わない人もいるし、結婚さえしたいと思わない人もいます。

どなたの人生も尊重されるべきだし、人によってそれぞれの背景があることにみんなが目を向け、理解が深まっていくといいのですが……。幸せのカタチにはこれだけ多様なものがあるので、それぞれの生き方を受け入れてもらえたらいいなというのが私の切なる願いで、そのために活動しています」

◆年賀状の家族写真がつらい人も

――「母の日がつらい」というお気持ちを抱く方もいるそうですね。

「“子どものいない人あるある”なのですが、母の日は“母と子”を意識させる催しで、母になれなかった女性の中には、その日がとてもつらく感じる方もいらっしゃいます。他にも、毎年送られる年賀状の家族写真とか、最近ではSNSなどで『ご報告』というタイトルから始まる妊娠報告に胸を突かれるというお話も聞きます。

『私事ですが……』とうやうやしく文章が始まり、妊娠の報告に続いて最後に赤ちゃんのエコー写真やお腹の膨らみを強調する写真が貼られていることが多いのですが、ビジュアルの与えるインパクトというのはとても強烈で、数日間そのイメージが焼きついて落ち込んでしまう方もいるのです。

“報告”をする方にはもちろん他意はないでしょう。ただ、気持ちが繊細になっている方にとっては『素直に祝福できない自分』や『嫉妬する自分』を責めてしまい、ますます自己嫌悪に陥ってしまうのです。そういう方が身近なところにいるということを認識し配慮することで、知らないうちに大切な友人や同僚を傷つけることは避けられるかもしれません」

◆結婚前にパートナーと話し合っておくことべきこと

――口をつぐんでしまわず、「実はこんな気持ちなんだよ」と、伝えていくことが大事ですね。ところで、将来妊活をするかもしれない女性が気をつけておくべきことはなんでしょうか?

ボレンズ「恋人、パートナーがいるのであれば、家族観についてはよく話し合っておいたほうがいいと思います。大切なのは、“子どもができなかった場合”のことも考えておくこと。大抵の場合、“結婚したら子どもはできるもの”という前提で話が進みます。

なぜかというと、メディアでも“子どもができなかった人”の話はあまりされないから、どうしても“結婚したら子どもはできるもの”という認識に結びついてしまうんです。『芸能人の誰々は40代でも妊娠しました!』なんて、よく話題になりますが、子どもを授からなかった人にはなかなかスポットが当たりません。実は不妊治療の成功率って数パーセント程度で、試みてもできない方の方が多いのです。

だからパートナーと結婚を決めるとき、『できないときはどうする?』『ふたりきりでもパートナーとしてやっていける?』とか、不妊治療をするか、特別養子縁組を考えるかなどもきちんと話し合っておくといいですね」

◆産む産まないにかぎらず自分の身体を知っておく

――では、今はまだパートナーのいない女性が心得ておくべきことは?

ボレンズ「日本は海外にくらべて性や生殖についての学びが遅れていると感じます。女性なら、そもそも『生理痛はあって当たり前』と思っている人は多いのではないでしょうか。『女性だし、生理だからしかたない』と流してしまわず、『この痛みは、何かのシグナルかもしれない』と意識することも重要です。

今現在増えている子宮筋腫、子宮頸がん、子宮内膜症などについての知識を得て、早期発見に繋がる定期検査をしましょう。生理があったとしても、不定期や異常な生理痛を伴う場合はしっかり病院で診てもらうことをお勧めします。

私自身も20代までは自分の身体のことをろくに知らず、不妊治療の際に精密な検査をしてやっとわかったこともありました。やがて子どもを産むにしても、産まないにしても、自分の身体について掘り下げて見ておくことは、自分で選択できる将来の助けにきっとなると思います。

そして一番大切なことは パートナーや子どもの有無で自分の価値や幸せは決まらないこと。どう生きるか、何を幸せとするかは個人それぞれの選択なのです」

【ボレンズ真由美】

国際NLP認定コーチ/グローバルコミュニケーションコーチ/公益社団法人日本助産師会認定 不妊症ピアサポーター

10代でのカナダ生活、20代での中国生活、30代でのシンガポール生活を経て、40代の現在は「ふたり家族の新しいライフスタイル」を求めて、ドバイをベースにマルチ拠点生活に挑戦中。

バイリンガルMC、ナレーター、通訳/ファシリテーターとして活動する傍ら、自身の経験を活かし、子供のいない未婚・既婚女性に特化したメンタルヘルスや人間関係・夫婦のコミュニケーションの悩みを解消するライフコーチとしても個人セッションを日本語、英語で受付中。

2020年FLOW立ち上げと共にポッドキャスト番組「産まない産めない女性の幸せな人生計画」を配信中。メディアではあまり語られない、子どものいない女性や夫婦の多様な生き方や心のプロセスなどを紹介している。

<取材・文/みきーる>

【みきーる】

ジャニヲタ・エバンジェリスト。メンタルケアカウンセラーⓇ。女子マインド学研究家。応援歴20年超のジャニーズファン。女心を知って楽しく生きるためのライフハック“女子マインド学”を提唱。著書に『ジャニ活を100倍楽しむ本!』(青春出版社)『「戦力外女子」の生きる道』他。Twitterアカウント:@mikiru、公式ブログ:『ジャニヲタ刑事!』

当記事は女子SPA!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ