「上司と1度相談します。」会社でイヤミを言われ続ける日々…→我慢の限界で“放った一言”でお局大焦り!

lamire


日常では何かと理不尽なことも多く、モヤモヤするような出来事はありませんか? 今回は実際に募集したそんなモヤモヤを吹き飛ばしてスカッとさせてくれるエピソードをご紹介します!

怖いお局さん


派遣で勤めた会社での出来事です。
そこの会社には仕事のできる怖いお局さんがいました。

私が入って3日目のことです。
毎日そこの会社ではオンラインでの朝礼があるのですが、その日はうまくログインできず、私の教育担当の上司も休みだったため、お局さんに質問することにしました。

お局さんに声をかけると、いきなり「そんなこともできないの?とりあえず早く設定して」と。
PCトラブルなので私のせいではなかったのですが、お局さんいわく、それは言い訳とのこと。

この日以降、苦手意識が芽生えあまり関わらないようにしていたのですが、数ヶ月後にお局さんの直下につくことになってしまいました。
毎日チクチク嫌味を言われ、我慢しながらも仕事をしていました。
出典:lamire
ある日、私が得意先からの注文数をシステムに入力後、お局さんにダブルチェックをしてもらうと、数字が間違っていたようなのです。
悪意があって間違えたわけではありません。
ですが、お局さんに「無駄にいっぱい売りつけようとしてるの分かる?計算もできないの?」と言われてしまい…。
今までの蓄積もあり、その言葉が我慢の限界に。

「そんな言い方されると悲しいです。私も悪気があって間違えたわけではありません。上司と1度相談します。」と伝えると、お局さんは急に慌てはじめました。
その後、チャットではありましたが、お局さんから謝罪がありました。

ほかの事務員さんもお局さんにいろいろ言われていたそうですが、言い返す人が今までいなかったようです。
初めて言い返されたお局さんのびっくりした顔と慌てた様子は、今思い出しても笑ってしまいます。

(女性/派遣社員)

あなたの周りでもこんなこと、ありませんか?


人に対して嫌な態度を取る人は、放っておいて正解かもしれませんね。
反面教師として、自分は周りの人に対して優しくありたいものですね。

以上、スカッと体験談でした。

次回の「スカッと体験談」もお楽しみに♪

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。

当記事はlamireの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ