8LOOM、『ViVi』1月号で大特集 ドラマ×雑誌コラボで「8LOOMのトリセツ」など貴重インタビューも

SPICE


現在放送中のTBS系火曜ドラマ『君の花になる』劇中発の期間限定7人組ボーイズグループ・8LOOM(ブルーム:高橋文哉、 宮世琉弥、 綱啓永、 八村倫太郎、 森愁斗、 NOA、 山下幸輝)が、11月22日発売の『ViVi』1月号で特集される。

ドラマ『君の花になる』は、本田翼演じる挫折した元高校教師・仲町あす花が、ひょんなことから売れないボーイズグループ・8LOOMの寮で住み込み寮母をすることになり、メンバーたちと一緒に“トップアーティストになる夢”に向かっていく物語。そして8LOOMの7人は実際に期間限定でデビュー。ライブシーンを公開収録したり、歌番組に出演したりするだけでなく、2ndシングル「君の花になる」がLINE MUSIC週間ランキングで1位を獲得するほど現実世界でも人気を拡大している。

そんなフィクションとリアルが交差する8LOOMが今回、ドラマ×雑誌のコラボが実現した『ViVi』1月号に登場。

本日11月15日(火)22時放送の第5話では、8LOOMが事務所との契約更新をかけた新曲「Melody」(各配信サイトで実際に配信中)をリリースし、最後のチャンスを掴もうと一致団結する様子が描かれる。そんな人気上昇中の彼らがドラマ上で『ViVi』のカバーを務めるべく、編集部に撮影・取材されることに。どのシーンで『ViVi』が登場するかは、ぜひ本日22時より放送予定の第5話をチェックしてほしい。

ドラマ本編で登場する写真が掲載されている『ViVi』1月号の特集「7人の“キセキ”」は、ブックインブック仕様の10Pの大ボリューム。ドラマ撮影の忙しい合間を縫って、8月某日に行われた『ViVi』の取材は、終始わちゃわちゃした現場となったとのこと。差し入れのプリンに歓喜し、みんなで食べ始めたり、ソロカット撮影をしているメンバーに「カッコいいよ~!」と声をかけたり。7人のあまりの仲の良さに『ViVi』スタッフも驚くほどだったという。特集内では「白T×デニム」で統一した衣装と、「やんちゃストリート」をテーマにしたカラフルな衣装の2パターンを着こなしている。

また、インタビューでは「1000円あったらコンビニで何を買う?」や「最近可愛いなって思うメンバーとその理由」など、7人の人となりやTMI(Too Much Informationの略)が知れる「8LOOMのトリセツ」、メンバーの関係性に迫ったユニットインタビュー「“ボクの花”、紹介します」などを収録。さらに、メンバー全員にインスタントカメラを渡し、撮影の合間に“撮り合いっこ”してもらった写真と撮影ウラ話が掲載された「ウラ花」も必見だ。

当記事はSPICEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ