2022年11月後半に「大幸運が訪れる」のは誰?【12星座別】金運・仕事運を解説!

ananweb

年内のスケジュールが固まってくる一方で、2023年の話も出てくる時期になりました。何かとイベントが多く、仕事も忙しくなりがちな師走を控える時期は、運気が気になるもの。やり残しや後悔がないように、11月後半の金運・仕事運を星座別にチェックしておきましょう。
【2022年11月後半の金運&仕事運】

■ おひつじ座(3月21日~4月19日生まれ)

22日ごろまでは金運が上々。自分からチャンスをつかみに行かなくても、流れに身を委ねることでお得な恩恵にあずかれるはずです。

直接的にお金を手に入れるよりも、昇給や収入アップが狙えるきっかけをつかめるでしょう。

■ おうし座(4月20日~5月20日生まれ)

金運は24日過ぎにターニングポイントを迎えそうです。身近な人からお得な情報を聞いたときはメモしておくといいですし、興味深いワークショップに誘われたら参加してみるといいでしょう。

増収や年収アップの手がかりが見つかるかもしれません。

■ ふたご座(5月21日~6月21日生まれ)

心がけ次第でお金を取り巻く環境が変わりそうです。生活習慣や仕事の目標を見直すと、お金の流れが変化するはず。

11月後半は稼ぐことよりも、「無駄遣いしないこと」や「どう運用するか?」に注目するといいかもしれません。

■ かに座(6月22日~7月22日生まれ)

金運は節約志向でいきましょう。年上の人や既婚者のお金の使い方から学びを得るかもしれません。何が価値あるお金の使い方なのか、ハッとさせられる場面がありそうです。

また11月後半は、定期購入しているものや無意識の習慣で買ってしまうものを見直すのに良い時期です。

■ しし座(7月23日~8月22日生まれ)

11月後半はお金の使い方が変わるかもしれません。特に恋の展開次第では、買う予定がなかった服やコスメを買ったり、食費を抑えて美容に費やしたりするでしょう。

自分の中の優先順位に応じてお金の扱い方が変わるはずです。

■ おとめ座(8月23日~9月22日生まれ)

部屋の模様替えや引越しにお金がかかりそうです。急に思い立って動き出すとか、「こういうのが欲しかった」と一目惚れのインテリアアイテムを見つけることがあるかもしれません。

冬に向かっておうち時間が増えるなら、居心地の良い住まい作りにお金をかけると有意義に過ごせるでしょう。

■ てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)

金運は良く、賢く主体的にお金を使えるでしょう。スキルアップのための勉強や自分磨きにお金を費やすと、支払った以上の見返りが手に入るはず。無駄遣いがなく有意義な自己投資ができそうです。

また、投資をしている人は早めに判断したほうがいいかもしれません。

■ さそり座(10月24日~11月21日生まれ)

11月後半は財布のひもが少し緩みそうです。衝動的に「欲しい」と思っても、すぐ買うのはやめて一晩置いてみるといいでしょう。時間が経つと、「そんなに欲しいものではなかった」と購買意欲が薄れるかもしれません。

特に、高額のアウターやジュエリーは慎重に判断を。

■ いて座(11月22日~12月21日生まれ)

11月後半は、やりたいことをやりたいようにしたい時期になるでしょう。自己投資や夢の実現にお金を費やす場面が多くなりそうです。

また、この時期はお金をかける方向性が変わるかもしれません。価値観が変化したり、2023年に実現したい目標ができたりすることで、お金の使い方も影響を受けるようです。

■ やぎ座(12月22日~1月19日生まれ)

金運は堅実で淡々としており、安定するでしょう。クリスマスや忘年会がある12月を控えて、余裕のあるお金の使い方ができそうです。

冬物アウターや家電も、慌てなければお得に手に入れることができそう。セールやクーポンを上手に活用して。

■ みずがめ座(1月20日~2月18日生まれ)

11月後半は人との関わりに出費がかさみそうです。公私ともに新しい出会いには積極的に。「こういう分野に詳しい人と仲良くなりたい」「こんな恋人がほしい」と思い描く人物像があるなら、自分から行動するといいでしょう。

異業種交流会や食事会、懇親会にはできるだけ参加するといいかもしれません。

■ うお座(2月19日~3月20日生まれ)

11月後半はお金について少し無頓着になりそうです。自分のことや仕事に一生懸命になるあまり、値札を見ずに商品をレジに持っていって大慌てする、といった場面があるかもしれません。

電子マネー派の人はマメにチャージ額をチェックするといいですし、高額の買い物は慎重になったほうがいいでしょう。

沙木貴咲占い師/ライター。西洋占星術・数秘術・タロットカードを使いながらも、スピリチュアルに依らない現実的な解釈が特徴的。(C)Iryna Imago/m-imagephotography/Jozef Polc/gettyimages

■ 【おひつじ座】11月後半の仕事運

仕事ではステップアップを検討すると良さそう。資格を取ったり、専門的な知識を身につけたりすることで、働く環境が改善されるかもしれません。また、確かな実力があるのに自分を過小評価しているなら、今より活躍できるステージに招かれそうです。

■ 【おうし座】11月後半の仕事運

仕事では堅実にコツコツと。信頼を何より大切にして目上の人との交流を重視すると良さそうです。お願いや依頼をされたら、選り好みせずにできる限り応じるといいでしょう。日頃のお付き合いが特別な引き立てにつながり、価値ある人脈を広げることにもなるはずです。

■ 【ふたご座】11月後半の仕事運

仕事では誰と組むかがカギになるでしょう。職場でコンビを組む相手はもちろん、誰から情報を仕入れるのか、職場に頼れる味方がいるのかいないのかで業務のゆくえが決まるはず。能力が優れた人より、感性が合う人や価値観が似ている人と仲良くすると良さそうです。

■ 【かに座】11月後半の仕事運

仕事は24日以降にターニングポイントを迎えるでしょう。新しい環境・体制が整うかもしれません。一緒に働く人の顔ぶれが変わり、仕事の進め方が一新する可能性があります。職場でのルーティンに思うところがある人は、月末にかけて積極的に意見を言うといいでしょう。改善のきっかけがつかめるはずです。

■ 【しし座】11月後半の仕事運

11月下旬は仕事よりプライベートを重視したい時期。ですが、仕事でやりたいことがある人や、クリエイティブな職に就いている人は、仕事に対して積極的になると新しい展開があるかもしれません。また、来年を見越して準備・計画を始めるのも良いでしょう。環境や仕事内容の見直しが必要なことに気づく可能性もあります。

■ 【おとめ座】11月後半の仕事運

仕事運は良好。それほどスピード感はないのですが、丁寧かつ熱心に業務と向き合えるはずです。長く続けている仕事や専門スキルは評価されやすく、普段はあまり注目されない地味な作業も褒められポイントになるでしょう。自信を持ってアピールできることがあるなら、遠慮しないほうが良さそうです。

■ 【てんびん座】11月後半の仕事運

仕事では周囲とのやり取りを大切に。年内に話し合っておかなければいけないことや、議論して決断したほうがいい案件がありそうです。また、「あの話はどうなっているんだろう?」という保留事項があるなら、返事を待つだけでなく自分から探りを入れるといいでしょう。

■ 【さそり座】11月後半の仕事運

仕事では現実思考を重視して。自分なりのこだわりがあっても、売上ノルマや集客の目標数を達成することを優先しましょう。販売や営業職でない人も、月末が近くなると来年を見越したお金の話を聞くかもしれません。自分は直接的に関係ない場合も情報として把握しておくと良さそうです。

■ 【いて座】11月後半の仕事運

仕事においては譲れない部分が目立ちそうです。何がなんでも我を通すよりは、「職場では指示に従ってやるべきことをやるけれど、本当にやりたいことは副業にする」というスタンスのほうがいいかもしれません。周囲と無理に足並みをそろえようとするとつらくなるので、自由に動ける部分を独自に作るといいでしょう。

■ 【やぎ座】11月後半の仕事運

仕事はやや考えすぎの傾向がありますが、コツコツと実績を積み上げていける時期でしょう。焦って目先の利益ばかり追わないように。売上や集客は「ちりも積もれば」を心がけて。ムラのないパフォーマンスを維持できると、目標金額や数値は自然と達成できるはずです。

■ 【みずがめ座】11月後半の仕事運

仕事では「今の自分の年収は適正なのか?」を考えてみてください。謙遜することはありません。これまでの実績や身についたスキルなどに自信があるなら、もっと上を目指しても良さそうです。11月後半は具体的な行動を起こすより、「これから自分はどうしたいのか?」を考える時期になるでしょう。

■ 【うお座】11月後半の仕事運

仕事運は少しずつ右肩上がりに。好きなことや得意分野で活躍できるチャンスがめぐってくるので、「これだ!」と思ったら素早く行動しましょう。17日を過ぎると周囲とのやり取りや仕事の進捗スピードが速まるかもしれません。11月後半だけでなく、年末までは貪欲かつ強めな主張を心がけると良さそうです。

文・沙木貴咲

当記事はananwebの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ