宮迫の「牛宮城」オープンから8ヶ月… 焼肉コースを”忖度なし”でレビュー

しらべぇ




宮迫博之の焼肉店「牛宮城」(ぎゅうぐうじょう)がオープンして8ヶ月経った。当初は予約があっという間に埋まって中々足を運べなかったが、近頃は少々落ち着いた印象だ。

とはいえ、依然として人気店であるのは間違いない。10月中旬、そんな同店の「焼肉コース」を食べてみると…。

【写真】「牛宮城」で見つけた”隠れた絶品メニュー”

画像をもっと見る

■一時期に比べて落ち着くも…






「牛宮城」は3月1日にオープン。東京・渋谷駅から徒歩5分のビルにお店を構えている。

当初はネット上で「3ヶ月で潰れる」など批判的な声もあったが、蓋を開けてみれば人気店に成長した。オープンから約2ヶ月経った4月下旬に訪れた際も、予約受付が始まって数分で席が埋まり、お店の看板である「焼肉コース」が取れなかったほど。

現在は、9月下旬に10月分の予約受付がスタートした数日後でも「焼肉コース」の席を取ることができた。オープン当初に比べると「混乱」に近かった客の殺到は落ち着いたようだ。

それでも10月初めは席が全て埋まっていて、中旬の予約となるなど根強い人気がうかがえる。

関連記事:宮迫博之、牛宮城スタッフの感動エピソード紹介 渋谷の焼肉店1位入賞受け

■豪華な「王道コース」の中身




今回は12,000円の「牛宮城 王道コース」をチョイス。内訳は、本日のキムチナムル3種盛り合わせ・はちみつ梅の山芋キムチ・チョレギサラダ・THE ユッケ・名物 極みタン塩・宮迫ハラミ・サーロイン焼きすき・海鮮ネギチヂミ・タレ3種盛り合わせ・本日のホルモン3種・コムタンスープorTHE 純豆腐・牛宮城 極み牛すじひと口カレー・本日のデザートと、全13品でボリューム満点だ。

キムチの盛り合わせ、チョレギサラダは少なすぎず多すぎずのちょうどいい量で、味付けもあっさりして前菜としてちょうどいい。





お店の名物である山芋キムチは、シャクシャクした山芋の食感とピリッとしつつもほどよい甘さでクセになる味。前回の来店時にも食べたユッケは濃厚な卵とコショウが効いて相変わらず美味しい。

■絶品すぎる焼肉料理






前菜を食べ終えたところで肉が出てくる。極みタン塩はやや厚めにカットされ、コリコリした食感ながらすごく柔らかい。





お店の看板メニューの一つ・宮迫ハラミは濃厚な肉の甘みと特製の塩タレがよく染み込んでいる。ハラミ独特のクセもなく、苦手な人でも食べられると思う。



焼きすきは肉の両面を10秒ほどサッと焼いて卵に付けて食べるのだが、この卵が美味しい。





前回すき焼きコースを食べた時も感じたが、甘みが強く濃厚で普通の卵とは全然違う。その後、イチボ・トモサンカク・カルビのタレ3種盛りとホルモンを食したのだが、個人的にはイチボに感動した。



イチボは牛もも肉のお尻の先にあり、牛一頭から少量しか取れない希少部位。赤身肉だがパサパサしておらず、柔らかくて肉の旨味が凝縮されている。

赤身肉が好きな記者には堪らなかった…。脂の多いカルビとトモサンカクも変にギトギトしておらず、後半でも無理なく食すことができる。

■締めからデザートの流れが至高




メインの肉の後には、選べるスープと締めのカレーがついてくる。スープは2種類から当日選べるのだが、記者はコムタンスープをチョイス。

これが薬膳が効いて、塩味ベースのあっさりした味付けで終盤に食べるにはもってこいだ。カレーは7月に新発売したという牛すじカレー。



お腹はかなり一杯だったが、小さい器に盛られているので締めとしてちょうどいい量。味付けはスパイス強めで食べた瞬間舌をビリっと刺激するが、クセになる辛さ。



ピリ辛カレーを食べた後にデザートのアイスクリームが運ばれるなど、「あっさりスープ→ピリ辛カレー→冷たいアイス」と最高の流れである。

■気になった点を挙げると…


このクオリティーで13品というボリュームを考えると、12,000円は妥当、むしろ安いと感じるくらいだ。料理は大満足だった上で、気になった点が2つあるのでこちらも記しておきたい。



まず、席に関して。ホームページ等を見る限り、焼肉コースは基本的に個室に案内される様子。記者は掘りごたつ式の個室席だったのだが、隣の席とは真ん中をロールカーテンのようなもので仕切られているのみ。

そのためか、隣の会話が丸聞こえだった。「牛宮城」には完全個室もあるので、大事な仕事の話をしたい際は事前にお店に確認したほうがいいかもしれない。

もう一つ気になったのは、料理を提供する間隔だ。前半のキムチなどの前菜は、まだひと口食べたくらいのタイミングで次の料理が運ばれてきた。肉料理に移って以降は提供スピードはちょうど良くなったが、前半は個室の扉が何度も開いて落ち着かなかった。

ただ、お店のスタッフの接客は徹底されていた。肉の部位や焼き加減などをうるさく感じない程度に説明してくれ、エレベーターの扉が閉まるまできちんと見送るなど抜かりない。この日オーナーの宮迫は不在だったが、従業員一人一人丁寧な接客を意識している印象を受けた。

4月に比べて、新メニューも導入されており「また来たい」と思わせてくれる。現状に甘んじず、「牛宮城」はさらなる躍進を遂げるに違いない!

当記事はしらべぇの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ