かまいたち濱家、“だらだらスマホ”癖があると明かしデジタルデトックスを希望「なんの時間やねん!」

E-TALENTBANK


10月26日、かまいたち(山内健司・濱家隆一)が、自身らのYouTubeチャンネル『かまいたちチャンネル』を更新。2人がベランダでさんまを焼きながら、様々なトークを展開する動画を公開した。

【関連】かまいたち濱家、YouTubeの“先月のギャラ”について父親からのセリフを明かす「お前の息子…」

その中で、濱家は、一定期間スマホやパソコンなどのデジタルデバイスとの距離を置いて自然とのつながりを大事にする“デジタルデトックス”をしたいといい、「常にこうしてさ、なんもない時にこうしてさ、こうやってやってるだけの時あるやん」「これなんの時間やねん!って思うから」と、携帯を手にしてなんとなくスクロールしてしまっている様子を再現。

それを受けて、山内は「スクリーンタイムっていうので、携帯どんぐらい触ってるか見れるのがあって。それだけならまだ分かっててんけど、細かいのが分かるようになってて」「何回(携帯を)持ち上げたか分かるっていう機能もついてんねん」「“78上げ”って出てた」と発言。

濱家が「何それ?」と驚くと、山内は iPhoneの“スクリーンタイム機能”の中で確認できると説明し、「持ち上げた後に何を見た回数が1番多いかとかもわかる」といい、濱家がチェックしてみると、「36回」「LINE、Twitter、Googleマップ」と明かしつつ、「Googleマップ見てんの俺?」といい笑いを誘った。

当記事はE-TALENTBANKの提供記事です。