フリースタイルラップバトル『Red Bull 韻 DA HOUSE 2022』決勝に挑むバトルMC16名発表 AwichとYZERRのゲストライブも

SPICE


11月5日(土)に恵比寿ザ・ガーデンホールで開催されるフリースタイルラップバトル『Red Bull 韻 DA HOUSE 2022』決勝大会に出場するバトルMCが発表された。

今大会には東名阪オーディション、そして今年9月に渋谷WOMBで行われた予選を経て、全国から熾烈な戦いをくぐり抜けたバトルMC2名と、誰もが知るシードMC14名の合計16名が出場する。

CHEHON、Donatello、DOTAMA、GOMESS、ID、KIKUMARU、MOL53、MU-TON、PONEY、RAY、Rude-α、S-kaine、呂布カルマ、梵頭。そして予選通過のMAKA、REDWING。審査員は漢 a.k.a. GAMI、輪入道、KEN THE 390、SEEDA、FORK (ICE BAHN)。

さらにゲストライブにはAwich、YZERRが出演決定している。

『Red Bull 韻 DA HOUSE』ではMCの持ち時間は「60秒 × 2ラウンド」となっており、いわゆるラップバトルでのノーマルな形式「8小節 × 3ラウンド」とは比べ物にならないほど長尺な1バースの披露が大会フォーマットとして採用されている。

若手からベテランまで日本を代表するMCたちが集う『Red Bull 韻 DA HOUSE 2022』のチケットはイープラスにて発売中。

なお、レッドブルのヒップホップ専門YouTubeチャンネル「レッドブルマイク」では、実際の大会ルールで、CHEHON vs RAWAXXXがラップバトルを繰り広げるエキシビション映像を公開中。さらに大会で実際に使用されたオリジナルビートを中心にDJ YANATAKEが30分のDJミックスを披露する『MCバトルビートMIX by DJ YANATAKE』も公開している。


当記事はSPICEの提供記事です。