ドラフト指名選手も出場! 『社会人野球日本選手権大会』は10/30開幕

SPICE


『第47回社会人野球日本選手権』が10月30日(日)~11月9日(水)、京セラドーム大阪で開催される。その出場選手のうち、主に投手にプロ野球ドラフト会議で指名があった。

最も注目されるのは、東京ヤクルトスワローズが1位指名した東芝の吉村貢司郎投手(24)。日本シリーズで2年連続日本一を目指すスワローズは、来季を見据え、事前公表通りに183cmの大型右腕を指名した。

また、トヨタ自動車の吉野光樹投手(24)は横浜DeNAベイスターズが、日本製鉄鹿島の大津亮介投手(23)は福岡ソフトバンクホークスが、鷺宮製作所の小孫竜二投手(25)は東北楽天ゴールデンイーグルスが、それぞれ2位に指名した。いずれも制球力がある右腕で、プロでも活躍が期待される。

さらに、吉村・小孫に匹敵する評価もある東京ガスの右腕 益田武尚投手(24)は、広島東洋カープの3位指名となった。貴重な左腕である日本通運の高野脩汰投手(24)は、千葉ロッテマリーンズが4位で指名している。

昨年の大会の最優秀選手である大阪ガスの河野佳投手(21)は、カープが5位指名した。広島・広陵高出身の技巧派右腕で、地元の即戦力として期待がかかる。なお、カープはトヨタ自動車の左腕 長谷部銀次投手(24)も6位指名している。

内野手では、NTT西日本の平良竜哉(24)がゴールデンイーグルスから5位に、大阪ガスの児玉亮涼(24)が埼玉西武ライオンズから6位に指名された。

本大会の1回戦では、吉村を擁する東芝がバイタルネットと10月30日に対戦。吉野と長谷部が所属するトヨタ自動車はTDKと、益田の所属する東京ガスが河野と児玉が所属する大阪ガスと31日に戦う日程だ。

来年プロ入りが見込まれるトップアマ選手のプレーに、期待せずにいられない。

当記事はSPICEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ