ドウェイン・ジョンソンが触れた、DCユニバースの新たな展開とは? 映画『ブラックアダム』特別映像を解禁

SPICE


12月2日(金)公開の映画『ブラックアダム』から、特別映像「DCユニバース編」が到着した。

『ブラックアダム』は、バットマンなどで知られるDCコミックのアンチヒーロー“ブラックアダム”を主人公とした映画。主演・製作総指揮に、『ワイルド・スピード』シリーズなどのドウェイン・ジョンソンを迎え、『エスター』『ラン・オールナイト』などのジャウマ・コレット=セラ監督がメガホンをとった作品だ。

解禁された映像は、『ブラックアダム』と、バットマン、スーパーマン、ワンダーウーマンらが登場する作品群“DCユニバース”の関係性にフォーカスしたもの。冒頭では、7月にアメリカで開催された『サンディエゴ・コミコン2022』で、ドウェイン・ジョンソンがブラックアダムに扮し、「The DC Universe will never be the same again」と意味深な宣言を行った一幕をフィーチャー。さらに、DC ユニバース作品に登場した、スーパーマンやワンダーウーマン、アクアマン、ハーレイ・クインら DCのヒーローが登場する中、「ヒーローもヴィランもいない世界では、ある力がすべてを支配していた」と、5,000 年の眠りから目覚めるブラックアダムの姿が映し出される。そして、彼を危険視するヒーロー軍団“ジャスティス・ソサイエティ・オブ・アメリカ(JSA)”も登場する。

製作総指揮兼主演のドウェイン・ジョンソンは、「製作段階から DCユニバースを新しい時代へと進化させようと話していた。それはどういうことなのか? どんなキャラクターが必要なのか? そして、ジャスティス・ソサエティ・オブ・アメリカの4人を登場させ、DCユニバースを拡大させることを目標にこの作品を作ったんだ。世界中の人々がこの作品を観てくれる瞬間が待ちきれないよ」と、本作のDCユニバースにおける重要性に言及している。

『ブラックアダム』は 12月2日(金)より全国ロードショー。

当記事はSPICEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ