日本の妖怪が和菓子に!飛騨高山「稲豊園」からユニークなハロウィン和菓子が登場

TABIZINE

飛騨高山の老舗和菓子処「稲豊園」では、ユニークなハロウィン和菓子「どうだ?怖い菓!」を2022年10月15日(土)から10月30日(日)までの期間、本店と公式オンラインショップで販売されます。ハロウィンにちなんで、かっぱや口裂け女、から傘お化けの3種類の和菓子が入った詰め合わせです。


飛騨高山の和菓子処「稲豊園」のハロウィン和菓子

飛騨高山にある1901年創業の老舗和菓子処「稲豊園」では、2014年からハロウィンにちなんだ期間限定の和菓子を生み出してきたそう。日本らしいお化けといえば妖怪が思い出されますが、ハロウィンから連想されるモチーフはカボチャやミイラ、フランケンシュタインなど西洋のお化けであることから、今まではそれら西洋のお化けモチーフの和菓子が販売されてきました。あるときTwitterで妖怪和菓子の試作品を投稿したところ、「こんなお菓子がハロウィンに欲しい」という声が届き、今回のような和菓子が誕生しました。

お化けがまんじゅうやねりきりに

「かっぱ」は、抹茶がほのかに香る、つぶあん入りの上用まんじゅう、「口裂け女」はこしあん入りのねりきり製、「から傘お化け」は木いちごあん入りの求肥製。それぞれ1個ずつ、合計3個が入って価格は1,250円(税込)です。見た目はもちろんですが、食感や素材なども異なる3種類の和菓子となっているので、飽きることなく楽しめそうですね。

どうだ?怖い菓!
内容量 : 3個入
内容  : (1)かっぱ(抹茶ほのかに香る上用まんじゅう つぶあん入)
      (2)口裂け女(ねりきり製 こしあん入)
      (3)から傘お化け(求肥製 木いちごあん入)
価格  : 1,250円(税込)
消費期限: 3日間
販売期間: 2022年10月15日(土)~10月30日(日)
販売場所: 稲豊園本店、公式オンラインショップ
公式サイト:https://www.tohoen.com/lineup/type_season.html

当記事はTABIZINEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ