実際どうなの?「30代」の婚活事情について大解明

みのり

実際どうなの?「30代」の婚活事情について大解明



周囲の友人や同僚などが次々と結婚しはじめ、「そろそろ婚活するべき…?」と迷う30代の独身女性たち。しかし、実際の婚活とはどのような状態なのでしょうか?そこで今回は、30代の婚活事情について探ってみました。

30代の婚活が難しい理由①忙しい


あくまで一般的な話ですが、30代の婚活は難しいと言われています。1980年頃から今日まで未婚率はどんどん増えてきており、特に30代前半の女性は4割程度、30代後半の女性は2~3割程度が未婚というのが現状です。

未婚率が高い理由としては、30代まで就業していると、仕事では後輩も多くリーダー的役割を求められ、忙しくなるためだとされています。また中には、名のある役職について毎日仕事中心で過ごしているため、プライベートで婚活する時間がなかなかとれないというケースも。

そういった場合、もし男性と出会ったとしても、仕事の都合でデートの時間すら取れず、出会いから進展するまでにかなりの時間を要してしまいます。さらに、気がつけば大学の同級生たちがぞくぞくと結婚することで、昔なじみの出会いも限りなく減っていくこともまた、成婚が難しくなる所以だとされています。

30代の婚活が難しい理由②選択肢が狭くなる


理想の結婚相手として「男女対等でいられる」「家事は分担する」「主夫でもいい」と、さまざまな条件を挙げられる方は多くいるでしょう。婚活を始めた20代であれば、多少条件が多くても通用したかもしれませんが、30代になるとより、自分の中での基準が高くなったりして、なかなか理想通りの相手に会えない問題が出てきます。

また、スペックが理想的でも、逆に同年代の男性が自分よりも年下の女性を求めがちなことによって、そもそもマッチングしないパターンもあるでしょう。だいたい同年代の男性で条件の良い男性の多くは、既婚者だったという残念なエピソードもよく聞きます。

大きく掲げた理想を追い求めるがゆえ、かえって選択肢が狭くなるということですね。しかし、30代女性を求める同世代男性もゼロではないので、あきらめずに相手を探し続けるのが大事です。

30代の婚活が難しい理由③結婚・恋愛に慎重になりすぎる


女性が30代になって恋愛をすると、すぐに結婚が視野に入ってきます。本来、恋愛の先の形として結婚がありますが、初対面の時点から結婚生活ありきの視点で見るため、どんどん婚活を難しくしてしまっていることも。

また中には、過去の苦すぎる恋愛経験や男性への偏見から、自分から恋愛を遠ざけてしまう女性もいます。年齢を重ねるにつれ慎重になりすぎて、男性に対して構えすぎているのです。

さらに、たとえ3年ほど付き合った男性からプロポーズされたとしても、「このまま結婚していいのかな」「もっと良い人がいるのでは?」と思って、あと一歩を踏み出せない方もいるでしょう。付き合う分はいいけれど、結婚生活がイメージできない、漠然とした未来への不安や経済的な問題もあるかもしれませんね。

男性から見た30代女性とは?




さまざまな想いを抱いている30代女性のことを、男性はどうみているのでしょう。結婚したら子供が欲しいと思っている男性からすると、30代の前半であるか後半であるか、女性を選ぶ際にはやはり年齢はネックになるでしょう。

子供を作るなら30代よりも20代の方がリスクが少ない、夫婦生活を楽しむ余裕があると考えています。実際、婚活市場において女性の中身よりも、年齢だけで判断されることもざらにあるとされています。

また、30代の女性の中には、役職についてある程度の収入がある人もいます。そのため、男性がそこに嫉妬とコンプレックスを持ってしまったり、「それなりの条件を求められそう…」としり込みする男性も。ただし男性の中には、30代の女性は仕事もプライベートも経験を重ねているため、逆にそこがメリットだったり頼りがいがあると見るケースもあります。

男性が考える理想の女性①自立している


男性の理想の女性は自立していることが第一。特に、30代の女性は、仕事も恋愛もプライベートも経験してきていることから、若さを求められる20代とはまた別の部分を見ていると考えられます。例えば、自分で自分の面倒はちゃんと見ることができるか、振る舞いや態度が幼稚なものではなく、大人として対応できるかどうかなど。

また、大人の女性に対して男性は、精神的・経済的自立も求めています。これは、「すぐ男性頼りにしないか」「安定した職に就いているか」「経済意識があるか」というところですね。そして、自立していると判断できれば、一気に結婚相手や恋愛対象として男性は見ます。
ですので、男性が30代女性と初めて出会った際、一般的な社会常識の有無や内面などはかなりチェックされていると思いましょう。

男性が考える理想の女性②包容力がある


男性の理想の女性像のひとつに、包容力が挙げられます。包容力とは相手を受け入れる力。具体的には、「男性の仕事のことを理解できる」「癒しや優しさを感じられる」「時には話を聞いてあげる」といった、サポートする姿勢が求められます。
逆に、「わたしと仕事とどっちが大事なの」などといった発言をして、男性を追いつめる女性は求めていません。

また、結婚後は男性の上司や同僚に対しての気配りや男性の両親と上手く付き合えるような、世渡りの良さなどもあると良いでしょう。婚活だと、年齢に合ったファッションや上品さ・清潔感をしていれば、そういった印象を与えられるでしょう。男性との会話において聞き上手だったり、リアクションが絶妙だとより魅力的に見られます。

30代女性が婚活に成功するコツ①積極的に行動する


30代の女性が婚活に成功するには、積極的な行動が何よりも大事!30代は待っていても出会いはやってきません。幸せになるには、あなたが自分で幸せに向かって歩いていくのです。出会いの場を求めて、新しい趣味のサークルに入って自分から話しかけてみましょう。始めから恋愛ありきでなくても、少なくとも好印象には残せるはずです。

真剣に結婚相手を探したいのなら、マッチングアプリだと既婚者や実際とのギャップも生じやすいため、結婚相談所がオススメ。結婚相談所であれば、自分の好みについてや将来の展望について話を聞いてもらってから、男性を紹介してもらうので安心です。

さらに、相手と直接会うまでに外見や内面を磨いておくのも大切です。会話のタネを用意したり、メイクやファッションを研究するのも一つです。

30代女性が婚活に成功するコツ②焦らない


今日婚活を始めたら、明日相手が見つかるものではありません。30代女性の婚活はとにかく焦らないことです。やはり一生を共にする相手を選ぶわけですから、慎重に選ばなければ後悔してしまいますからね。周りが結婚ラッシュだからといってすぐに飛びつくのではなく、じっくり時間をかけると決めてから始めましょう。

結婚相談所には、たくさんの男性が登録しているので、その中にはきっと自分に合う人がいるのだと信じて下さい。出会ってからすぐに結婚まで進めるよりも、将来の理想を話したり一緒に出掛けたり、お互いへの理解を深めていきます。その中でもしも合わないと感じたら、次の人を紹介してもらえばいいのです。
上手くいかなくて悩んでいるのなら、自分の強みを分析したりターゲットを変えるのも一つです。

まとめ


30代の女性は婚活市場において、一般的に難しくなるとされています。20代に掲げた理想そのまま追い求めていても、結婚相手は見つかりません。次々男性と会っては相性がよくないを繰り返していては、婚活疲れを起こしてしまいます。

もし婚活に疲れているのなら、少し休んでみるのも良いかもしれません。自立して心に余裕を取り戻した時に、ひょいと良い男性が見つかるかもしれません。「結婚したい」と思いながら、仕事もプライベートも楽しく過ごしていきましょう。必ず活路は見いだせます!

画像出典:istock

当記事はみのりの提供記事です。