平野良単独主演  “祭”シリーズ12年目の今年は、徳川家康の生涯を描く『笑う門には福来・る祭 明治座でどうな・る家康』全出演キャスト解禁

SPICE



2022年12月23日(金)~26日(月)明治座にて、2023年1月8日(日)梅田芸術劇場メインホールにて、『笑う門には福来・る祭 明治座でどうな・る家康』(通称:る祭(るさい))を上演する。

本公演は2011年より、演劇製作会社る・ひまわりと創業150年を迎える老舗大劇場の明治座がタッグを組み、「大人たちが本気でふざける」をモットーに、“面白おかしく、そしてなんとなく歴史が学べる舞台公演“として、世界に誇れる「日本人」そして「日本の歴史」を面白可笑しくシュールに上演してきた“祭”シリーズの最新作。

伝統ある商業演劇スタイルに則って第一部では芝居、そして第二部ではショーの2部構成で上演する。

“祭”シリーズ12年目となる今年は、演出に、ミュージカル『ファクトリーガールズ』にて第27回読売演劇大賞作品賞を受賞し、シリーズ10作目の演出をつとめる板垣恭一、脚本には、劇団「拙者ムニエル」の主宰で舞台『ママと僕たち』シリーズやミュージカル『ざんねんないきもの辞典』などの脚本・演出をつとめ、ナンセンスでポップな笑いに定評のある村上大樹を迎え、沢山笑って、物語で泣いて、最後はスカッとする。そんな痛快時代劇エンターテインメントを上演する。

今年の第一部の演目は『明治座でどうな・る家康』。テーマは「それでも生きる」。「戦国」という、今以上に混沌とした時代を生き抜いた男“徳川家康”。多くの仲間を失い、どうしようもない理不尽にさらされ続けた男はどのようにして生き抜き、天下を獲ったのか。苦労人家康と、一癖も二癖もある三河武士たちとの絆。強すぎるし個性も半端ない有名武将たちとの攻防。波乱万丈すぎる家康の半生を主軸に爆笑必至のコメディで描く戦国青春絵巻。

第二部では、「三方の森ジブれ美術館」と題して、家康が武田信玄と激闘を繰り広げた「三方ヶ原(みかたがはら)」の森の奥にある不思議な美術館で繰り広げられるショーを上演。館長が様々なキャラクター、ユニットのもとに案内する。

そして10月2日(日)に座長の平野良、演出の板垣、脚本の村上による出演メンバー発表番組が、る・ひまわりYouTubeチャンネルにて配信された。

今回の主演は、徳川家康役に『憂国のモリアーティー』『文豪とアルケミスト』『さよならソルシエ』など数々の主演を務める平野良が、4年連続、シリーズとしては8年ぶり、自身初となるシリーズ単独主演に挑む。

共演者には、舞台『呪術廻戦』夏油傑役の藤田玲、劇団番町ボーイズ☆に所属し舞台『HELI-X』シリーズW主演の菊池修司、ミュージカル『刀剣乱舞』今剣役の大平峻也、アカデミー賞女優の山崎静代(南海キャンディーズ)、ドラマ『水戸黄門』助さん役や大河ドラマ『利家とまつ~加賀百万石物語~』石田三成役の原田龍二、さらに原田龍二とはドラマ『大奥』で共演し、大河ドラマ『功名が辻』では本作と同じ寧々役を演じたトレンディドラマの女王浅野ゆう子が初参戦。

そこに、舞台『刀剣乱舞 維伝 朧の志士たち』主演の蒼木陣、『手裏剣戦隊ニンニンジャー』アオニンジャー役の松本岳、『あんさんぶるスターズ!THE STAGE』乱凪砂役の松田岳、段ボール猫“おはぎ”でバズリ中の宮下雄也、2011年上演の『大江戸鍋祭』以来11年ぶりの出演となる平田裕一郎、本シリーズ全作に出演の井深克彦、『銀河英雄伝説Die Neue These』主演の小早川俊輔、舞台『學蘭歌劇「帝一の國」』シリーズ出演の谷戸亮太、『僕のヒーローアカデミア』オールマイト役の林剛史、小林賢太郎プロデュース「KKP」公演などに多数出演の久ヶ沢徹、舞台『~崩壊~シリーズ』全作出演の伊藤裕一、舞台『もののふ白き虎―幕末』W主演の安西慎太郎、ミュージカル『JERSEY BOYS』ニック・マッシ役の大山真志、ドラマ『相棒』など映像でも活躍する辻本祐樹など本シリーズお馴染みの顔ぶれや久々の参加組に、東邦音楽大学大学院卒で第21回日本演奏家コンクール声楽部門入選の味方鏡介と第32回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト フォトジェニック賞受賞の水瀬裕也という、本作が初舞台となるフレッシュな二人も加わり、個性豊かな豪華メンバーが家康の人生に波乱を巻き起こし、天下分け目の戦いに挑む。

そして、第二部の司会は、MANKAI STAGE『A3 !』皆木綴役の前川優希が初挑戦する。

◆徳川家康役:平野良 コメント


この度、4年連続そして初の単独座長を務めることになりました平野良です。

明治座“祭”シリーズも12年目となります。長く続くこのシリーズに今年は一人で臨むことにプレッシャーを感じないと言えば嘘になりますが、それよりもワクワクや楽しみな気持ちが優っています。初参加になるメンバーや久々にカムバックしてくるメンバー、そしてここ数年で出演したメンバー、みんな濃くて手練れだらけなキャストたちが縦横無尽に芝居でぶつかり合い混ざり合うのを想像するともう心が踊ります。家康の一生涯を演じるというのも役者として単純に光栄なことだしチャレンジし甲斐があると思っています。コメディと『生きる』というテーマを掲げて最高のエンターテイメントになるよう頑張りますので応援宜しくお願いします。

◆構成・演出:板垣恭一 コメント


「劇場はココロのお風呂」というキャッチフレーズを最近思いつきまして。そういう意味で“祭”シリーズはスーパー銭湯みたいに仕掛けが盛りだくさんなお風呂でして。年末に行われるので、一年のお風呂の入り納めとして心のアカを落としたり、湯船にただ浸かってボーッとしに来たりしていただけたらなと。仕掛けを考えてくださるのは演劇界の奇才、村上大樹さん。彼のことですからきっとあっと驚くお風呂を用意してくださることでしょう。接客の先頭に立つのは平野良くん。視野が広くてサービス精神旺盛な彼のことですから、きっと様々なお風呂を走り回ってお客様を飽きさせないよう全力を尽くしてくれることでしょう。僕はと言えば番台にゆったり座り、のぼせず湯冷めせずのちょうどよい頃合いのお湯を沸かして待っていようかと考えています。「どうな・る家康」乞うご期待。

◆脚本:村上大樹 コメント


伝統ある明治座で、また、久々のる・ひまの公演で台本を書かせていただけること、大変光栄に思っております! 年末年始を明るい気持ちで過ごしていただけるよう、精いっぱい真面目にふざけたいと思います!

当記事はSPICEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ