マジでご飯がとまらない… ドンキで買った「焼肉のたれ」が最強だった

しらべぇ




日用品から珍しい商品まで取り扱っているドン・キホーテ。先日店舗へ訪れたところ、使い勝手が良すぎる商品を発見したので紹介していこう。

画像をもっと見る

■メーカーと共同開発した逸品




その商品とは『ごはんがとまらない焼肉のたれ にんにく醤油風味』。内容量は1.18kgとかなりの大ボリュームなのだが、価格は430円とコスパが良いことがわかる。

「プライベートブランドはちょっと…」と思う人もいるかもしれないが、この商品は焼肉のたれをはじめとした様々な調味料を取り扱う「ダイショー」と共同開発しているため安心してほしい。

関連記事:バナナマン設楽が「超ウマい」と絶賛した焼肉のタレ ガチでハマるおいしさ

■「白米の旨味も引き立てます」




原材料を確認すると、しょうゆや砂糖、にんにく加工品など特に変わった様子はない。

なお、公式サイトには「本醸造濃口醤油をベースに、にんにくとごま油で仕上げた、やや甘口の焼肉のたれです。食欲をそそる香りが、白米の旨味も引き立てます!」と興味がそそられる説明があったが果たして…。

■ご飯が進みまくり




焼肉のたれをひと舐めすると…醤油ベースの甘塩っぱい風味ににんにくのガツンとした香りとコクは激うま。専門店で使われていそうな味わいといった印象を受けた。これは期待が高まる。

そこで、今回は試しに肉と玉ねぎをタレに漬け込み、焼肉丼を作ってみることに。



1時間程度たれに漬け込み、焼いて七味を振れば完成だ。



一口食べると…うんめぇ…!! 濃厚な醤油の風味とにんにくの味わいが肉の旨味を引き立てている。甘めに味付けされているため、七味を振ると味がしまってさらに美味しい。確かにこれはご飯が進みまくる。

分量も測らずにただ漬け込んだだけでこのクオリティ…しかも、たれはまだ大量の残っているため今後もガンガン使うことができるのが嬉しい。

■おつまみに最適




続いて、煮卵に挑戦してみることに。ゆで卵を作ったらそのままたれに漬け込むだけ。とりあえず一晩寝かせてみたところ見た目はかなり良い感じに。



実際に食べてみると、こちらも良い感じの味わいになってて最高。ガッツリと味が染みている訳ではないのだが、程よく甘味がありおつまみやちょっとしたおやつにぴったりの仕上がりに。

味はもちろんいいのだが、量が多いため臆することなく使用することができる「焼肉のたれ」。見つけたら是非一度試してみてもらいたい。

当記事はしらべぇの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ