『ちむどんどん』より酷い!? 歴代ワーストの“炎上朝ドラ”といえば…

まいじつ

永野芽郁 
永野芽郁 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

黒島結菜がヒロインを務めた、NHK朝の連続テレビ小説『ちむどんどん』が、9月30日に最終回を迎えた。朝ドラの歴史に汚名を残すであろう悪名高い作品になったが、NHKの炎上商法とも言える作風は、何も今に始まったことではないのだ。

朝ドラ最大のクソ作品と言われているのが、2012年度後期に放送された『純と愛』。後半にかけて救いようのない展開が連続で起き、特にそれが解決することもなく物語が終了。バッドエンドとも言えるありさまで、〝鬱ドラマ〟とも呼ばれることになった。

ヒロインの夏菜は、同作に多数のクレームが寄せられたことや、視聴率不振に陥ったことで気を病み、「女優を楽しめなくなった」「本当に辛い時期だった」とまで告白。いかに社会現象レベルで問題になった作品かが分かるだろう。

そして、2018年度上半期に放送された永野芽郁主演の『半分、青い。』も、大変なバッシングを受けた。

自己中すぎるヒロインが嫌われ、後半はその暴走ぶりが加速。ヒロインが夫に「死んでくれ」と言い放ったり、東日本大震災を物語と一切関係ないところから強引にねじ込んで、ヒロインの友人を突然死なせたり、とにかくツッコミどころが多かった。

『あさイチ』で〝朝ドラ受け〟をしている博多華丸も、思わず物語に苦言を呈すまでに発展。SNSでは「#半分白目」というハッシュタグが生み出され、毎日のように作品に対する批判コメントが溢れ返った。

「半分、青い」の酷さに比べたら…


批判するようなハッシュタグは、『ちむどんどん』でも「#ちむどん反省会」が盛り上がっており、「#半分白目」はその先駆けのようなものだっただろう。

「今、ドラマを作るにあたって、もっともダメなのは、毒にも薬にもならぬ作品になること。そしてSNS上で盛り上がるには、炎上商法が手っ取り早い。『ちむどんどん』は確信犯的な作品でしたね。巻き込まれたヒロインの黒島結菜には同情するばかりです」(芸能記者)

ネット上では「ちむどんどん」が完結したことで

《「半分、青い」の酷さに比べたら、「ちむどんどん」はそこまでではないというか、むしろかわいいものじゃないかと思う》
《半分青いと夏空すら楽しく見れていたのに、ちむどんどんはダメだった。こんなの初めて》
《『ちむどんどん』を最後まで観たけど、『純と愛』よりはましだと思う。『半分、青い。』の後半と同レベルかな》
《泣かなかった朝ドラは半分青い以来。やっぱりワーストかも》
《最終回の録画をけしたのは、まれ、半分青い、モネに続いて四作目。純と愛は初回と最終回しか見なかったから論外》

といった声が上がっている。

「ちむどんどん」も数年後には、ワースト3位くらいに落ち着いているかもしれない。次作の『舞いあがれ!』はどのような作品になるのだろうか。

当記事はまいじつの提供記事です。