ヴィクトリア・ベッカム、パリコレで長男の妻ニコラ・ペルツが応援に駆けつける 嫁姑の確執は終了か

ヴィクトリア・ベッカム(48)の展開するブランドが、パリ・ファッション・ウィーク(パリコレ)に初登場した。会場には夫や子供達が応援に駆けつけたが、その中にはヴィクトリアとの嫁姑問題が囁かれていたニコラ・ペルツ(27)も同席していた。

現地時間9月26日、パリ・ファッションウィーク(通称パリコレクション)の2023年春夏ウィメンズ・コレクションが開幕した。開催5日目となる30日には、ヴィクトリア・ベッカムが展開するブランド「ヴィクトリア・ベッカム」がパリコレの舞台に初登場した。

パリ5区にある17世紀の旧修道院「ヴァル・ド・グラース教会」で開催したショーでは、スーパーモデルのジジ・ハディッドベラ・ハディッド姉妹がヴィクトリアのブランドの衣装を纏い、キャットウォークを歩いた。

当日の会場には、ヴィクトリアの夫デヴィッド・ベッカム長男ブルックリン次男ロメオ三男クルス末っ子ハーパーちゃんが最前列に座り、ヴィクトリアのショーを見守っていた。そしてブルックリンの隣には、妻ニコラ・ペルツも座っていたのである。

ブルックリンとニコラは、今年4月に米マイアミで豪華挙式を執り行った。ベッカム家は英国から渡米して挙式に出席したが、その後7月にディナーをともにして以来、2人とは会っていなかったという。

7月には、英メディア『Daily Mail Online』がヴィクトリアとニコラの不仲説を報じていた。その理由として2人が突然、お互いのSNSに「いいね!」をしなくなったことや、ニコラが結婚式でヴィクトリアのブランドのものを身につけなかったことなどを挙げていた。

当時はヴィクトリアとニコラが冷戦状態にあるなど、嫁姑間の確執が報じられていた。しかし今回、ニコラがパリまで応援に駆けつけたことにより、お互いに敵意がないことを証明したようだ。

この日、ショーの最後にランウェイに登場したヴィクトリアはパリコレでの初舞台に感激したのか、手を顔に当てて涙ぐんでいるようだった。

しばらく歩くと最前列に座る家族の方に駆け寄り、ブリックリンに投げキスをしたり、デヴィッドと熱いハグを交わすなどした。

ヴィクトリアはのちに自身のInstagramでニコラを含む家族らが並んで座る姿を公開し、「パリよ! この旅路を支えてくれる家族と英米版ヴォーグに感謝します」と記していた。

写真にはブルックリンとニコラ、ロメオ、英版『VOGUE』の編集長エドワード・エニンフル、ハーパーちゃん、デヴィッド、そして米版『VOGUE』の編集長アナ・ウィンターが肩を並べて微笑んでいる。

その後、ブルックリンとニコラはこの写真をそれぞれのInstagramストーリーで共有した。ブルックリンは「ママ、素晴らしいショーを祝うよ」、ニコラは「おめでとう、ヴィクトリア・ベッカム。美しいショーだった」と言葉を添えていた。

画像は『Victoria Beckham 2021年10月14日付Instagram「Big day!」、2022年9月30日付Instagram「Overwhelmed with emotion and gratitude」、2022年9月30日付Instagram「#HarperSeven loving her time backstage with @GigiHadid and @BellaHadid」』『nicola 2022年9月30日付Instagram』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ