【おうちデート】で「“愛”を育むカップル」と「“溝”が深まるカップル」の違い

ウレぴあ総研

おうちデートは同棲気分や新婚気分が楽しめるので、カップルに人気の過ごし方です。長引くコロナ禍の影響で、外出をせずにふたりでゆったりと過ごすカップルも増えていますよね。

しかし、自宅でふたりきりで過ごすからこそ、愛が深まるカップルと溝が深まるカップルをくっきりと分けることもあるようです。

おうちデートをきっかけに「愛が深まった人」と「溝が深まった人」の違いを紹介します。

■おうちデートで相性の良し悪しを見極めるポイントは3つ

■1: 一緒にいるときに違うことをできるか

「付き合いが長くなってくると、おうちデートは半同棲みたいな感じ。だからこそ、一緒にいながら別々のことをしても大丈夫な関係だったら愛が深まるし、そうじゃないと溝が深まると思います。

今の彼氏は、うちに来ていても勝手にゲームをやって遊んでくれる人なので私はテレワークでも気にせずに仕事が進むけれど、前の彼氏はうちに来ているときは常にイチャイチャしていないとダメな人だったから、すぐに別れちゃいました」(30歳女性)

「いつも一緒に何かをしていないとダメな人とは、おうちデートしていても窮屈。付き合い始めた頃は良くても、付き合いが長くなれば、それぞれの時間も必要だと思っています。

現在の夫は恋人同士の頃から一緒にいても違うことを楽しめる人だったので、結婚生活がイメージしやすかった。

もしも一緒にいるときになんでも一緒にやらないとダメな人だったら、結婚していなかったと思います」(33歳女性)

どれだけ好き同士でも、別々のことをしたいときもありますよね。同じ空間にいるときに、別々のことをしても快適に過ごせるということは、愛を育むと同時に信頼関係を築くステップにもなっていそうです。

■2: おうちデートが「擬似同棲」になっていないか

「おうちデートって同棲に似てませんか? 週に2泊も泊まれば半同棲みたいな感じだし。

だから、お互いにだらしないところとかダメなところとかも相手に見せるのは仕方ないとは思うんですけど、相手の欠点を許せなくておうちデートにルールを決めだすと、なかなか厳しいなって思います。

前の彼氏が神経質なタイプで、おうちデートなのに『夕飯作りは、君の仕事』『食事のあとはすぐに食器を洗うこと』『朝起きたら、まずはタオルを必ず変えておくこと』などといろんなルールを作り出して、そういうのが面倒に感じて相手のことが嫌になってしまったことがあります。

本当に同棲だったらまだよかったかもですが、単なるおうちデートなのにいろんなルールを作られてしまうと、ちょっと息が詰まりますね」(32歳女性)

「コロナ禍になった最初の頃、当時の彼氏とほとんど外出しないでおうちでばかり過ごしていました。でも、だんだんとそれが日常になってきて同棲しているのと変わらないような関係になっちゃって。

お互いに悪い意味で遠慮がなくなって言いたい放題だったし、お出かけは近所のスーパーマーケットかコンビニくらいで、恋愛なのにドキドキ感がなくなっちゃって。結局、すぐに別れちゃいましたね」(29歳女性)

同棲をしているわけではなく「デート」なのに、過ごし方が同棲のようになってしまうと、お互いへの新鮮味が早く薄れやすいのかもしれません。

新鮮さを失ってしまうと、相手の欠点ばかりが目につくようになりやすいですよね。

■3: 一緒にいるときに「もう帰ってほしいな」と少しでも感じてしまうか

「おうちデートってあんまり刺激もないし、だんだんと飽きてくるんですよね。私の場合は、彼氏がうちに遊びに来ているときに『もう帰ってくれないかな~』って思ってしまうと、もうその人とはダメってなることが多いです。

好きという気持ちが強いときには思わないので、そう思うってことは彼氏に対して気持ちが冷め始めているサインです。

要するに“ウザい”って感情だと自分では理解していて、こうなるとだんだんと彼氏の全部がウザく感じ始めてしまいます」(34歳女性)

「長く続かない彼氏には、家に遊びに来ているときに『早く帰ってほしいな~』『まだ帰らないのかな~』と思ってしまうことが多いんですよ!

その人のことが好きでも、そういうふうに思うことがあります。自分でもなんでかな? って思いますけど、こういう彼とは3ヶ月くらいしか続かないことが多いですね。

でも今の彼氏がうちに遊びに来ていても、不思議と『帰ってほしい』って思ったことがなくて、もう半年以上付き合っています」(28歳女性)

恋人なのに「帰ってもらいたい」と思うということは、根本的に相性が悪いのかもしれません。

本能的に「この人とは合わない」と感じているからこそ、一緒にいるのに「ひとりになりたいな」と思ってしまうのでしょう。



“居心地の良さ”が愛と溝の明暗を分けるポイントになっているようです。

ある意味、相性を見極めるためにも良いデートの方法かもしれません。

おうちデートは誰にも邪魔されずに愛を育みやすいシチュエーションですから、ふたりで“いい時間”を過ごしたいものですね。

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。