街旅が面白い。ローカルな楽しさがいっぱいの【OMO5東京大塚 by 星野リゾート】

beauty news tokyo


池袋駅のお隣ながら、山手線の駅の中でも最もローカルな大塚。【OMO5東京大塚 by 星野リゾート】は、そんな大塚にある都市ホテルです。街こそリアルなテーマパーク。昭和レトロな商店街を巡るツアーやアクティビティを毎日用意。近くにはB級グルメのお店もいっぱいです。大塚で、いつもとはひと味ちがう街旅気分が味わえます。

街のワクワクを体験するホテル


星野リゾートの都市ホテルOMO(おも)。その楽しさは、ホテル周辺を巡る「Go-KINJO」旅や、フリーラウンジ「OMOベース」に置かれた周辺マップ、地元オススメのお土産など、ローカルな魅力を体験すること。レトロな雰囲気漂う大塚の街を、再発見できる仕掛けを用意します。



▲ホテルはJR大塚駅北口から出て真正面。東京で唯一残る都電荒川線「東京さくらトラム」のすぐ横に立つ、すらりとしたビルです



▲ブランド名の後ろにある数字はサービスの幅を示しています

北海道から沖縄まで星野リゾートが展開する都市観光ホテルOMO。ブランド名にある数字は、ホテルでの過ごし方やサービス、予算など、ホテル選びの目安になります。全ての施設に共通するのは「ご近所ガイドOMOレンジャー」と、観光スポットや飲食店を記した「ご近所マップ」、フリースペースの「OMOベース」です。



▲ホテル直通エレベーターでビル4階にあるフロントへ。自動チェックイン・アウトマシンで、手続きもスピーディ



▲「ご近所マップ」には「ご近所ガイド OMOレンジャー」がおすすめのスポットが記されます

大塚で便利に過ごすための情報を掲載する「ご近所マップ」は、飲食店を選んだり散策や観光スポットの参考にもなります。さらに、昭和レトロの風情が残る大塚の街をOMOレンジャーと共に巡る無料のガイドツアーや、地元飲食店を楽しむ有料ツアーも人気。思いがけない体験が待っています。



▲ホテル周辺の観光スポットやお店の情報が詳しく見られるデジタルマップも設置。お店のご主人の写真なども表示され雰囲気もわかります



▲宿泊者以外の方も利用できる「OMOベース」や「OMOカフェ」は、スタイリッシュな椅子が置かれたくつろぎのスペース <画像提供: OMO5東京大塚 by 星野リゾート>



▲ショップコーナーではこだわりグッズを用意

ちょっといいものがそろうお土産物コーナーは、忘れずにチェックしておきましょう。大塚土産を中心に、OMO5東京大塚オリジナルの限定グッズや、都電とコラボした商品をそろえます。



▲OMOカフェのベランダ(喫煙所)は下を路面電車が走るので、乗り物好きの方におすすめです



▲都電のつり革も

実際に使われていた都電のつり革も、インテリアとして隠れフォトスポットに。ほかにも都電グッズが飾られています。



▲毎日開催!20時30分から22時は「オーツカ下町DJナイト」

OMOベースでは毎晩ホテルスタッフがDJに変身。電飾看板が目印のDJブースでは、昭和レトロな大塚の街にピッタリの70年代から80年代の懐メロをチョイスします。

機能的でユニークな「やぐらルーム」が面白い


客室は全て19.3平米で、空間をより広く使えるよう、独特の「やぐらルーム」を採用。機能的な収納や秘密基地のような「やぐら寝台」など、ユニークな客室を用意します。



▲SDGsの観点から客室にアメニティは置かず、歯ブラシなど4階エレベーターホールにあるアメニティバーから必要なものだけをピックアップします



▲ナイトウェアは1着¥200で、サイズごとにカラーも異なります。色ちがいのウェアを選んで写真を撮るのも楽しいですよ



▲ユニバーサルルームを除き、客室はすべて「やぐらルーム」

木のぬくもりを感じる、ちょっと不思議な客室は、入口で靴を脱ぎ、素足が気持ちのいい畳張り。やぐらの下段は寝そべってのんびりすごせる「くつろぎソファ」、上の段は「やぐら寝台」になっていて、壁の棚や階段下など収納スペースもたっぷりです。



▲広く使える「くつろぎソファ」

3名利用の場合はここがベッドに変わります。壁際にはハンガーを掛けられるバーもあって機能的。



▲スペースを有効活用する「仕掛け壁」

意外なほどポテンシャルが高い壁収納。テレビやタオル、ドライヤーなどをすっきりオシャレに収納するほか、持参した化粧品やメガネなどの日用品は空きスペースに置ける便利さ抜群の作りです。



▲タオルも専用バッグに入って壁収納!



▲上段のやぐら寝台に上る箱階段にも収納スペースを用意。バッグや小物を収納し、部屋を広く使う工夫です



▲頭上空間が低い分、秘密基地感覚を楽しめる「やぐら寝台」

「やぐら寝台」には2人用のローベッドを用意。読書灯やコンセントも備えるほか、OMOブランドのホテルに共通する京都・洛中高岡屋の「おじゃみ座布団」も置かれます。クッションとして使えるほか、この上に座ると正座が楽にできるんです。



▲ポップなカラーのバスルーム。バスタブに座って写真撮影する人も増えています!

水回りは完全に独立していて、各室の壁の色に合わせたバスルームもカラフル。シャワーヘッドは多機能型で、洗い場があるのはとっても楽。バスチェアと洗面器も備えます。

人気の「OMOカフェ」で朝食も!


「OMOカフェ」は朝7時からオープンして23時まで営業。夜はバーとしても楽しめます。外来利用される地元の方も多いです。



▲地域の方も利用する「OMOカフェ」 <画像提供:OMO5東京大塚 by 星野リゾート>

朝食は6種類の「OMOrning(オモーニング)リゾット」か「アメリカン・ブレックファースト」から選べます。それぞれ温かいスープとサラダ、フリードリンクがセット。「OMOrning(オモーニング)リゾット」は、「チーズ卵」「トマト海老」「かぼちゃリコッタ」「鮭いくら」など6種類が用意され、「アメリカンブレックファースト」にはパンやスクランブルエッグ、ベーコンなどがついています。



▲「生ハムジェノベーゼ」は、バジルの効いたジェノベーゼソースで炊いたリゾット。クミンや角切りのアボカドが入り、生ハムをトッピングしたヘルシーな味わいです

「OMOrningリゾット」は、そのホテルだけのオリジナルリゾットも用意します。OMO5東京大塚は、江戸の味「深川あさり」。深川めしをヒントに、あさりがたくさん入っていて、貝出汁の旨味とあおさの風味がとても豊か。江戸時代から戦後まで、あさり売りは江戸東京の朝の風物詩。想像以上の美味しさでした。



▲おすすめのリゾットは、東京の味が楽しめるOMO5大塚限定の和風「深川あさり」

朝食にはコーヒーやフレーバーウォーター、ジュースなどのフリードリンクも用意。とりわけ試しておきたいドリンクが、近所のお茶屋さん「マルキク矢島園」が開発した「緑茶deアールグレイ」。紅茶のアールグレイと同じく、柑橘類のベルガモットで香りづけした日本茶です。



▲朝食のフリードリンクコーナー



▲ホテルの建物地下1階には卓球ができるオシャレな飲食店「ping-pong ba」もあります。OMO印のピンポン玉で参加してみては?

下町の魅力を発信する【OMO5東京大塚 by 星野リゾート】。駅からも近く、池袋をはじめ山手線沿線の街へ行くならとっても便利。ユニークなやぐらルームやローカルな大塚の街で、いつもと違うホテルステイを楽しんでみてくださいね。<text&photo:湯川カオル子 予約・問:OMO5東京大塚 by 星野リゾート https://omo-hotels.com/otsuka/>

当記事はbeauty news tokyoの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ