ストレス測れる最新スマートウォッチ 着けて「麻雀」打ったら予想外の結末

しらべぇ




2015年発売の「Apple Watch」を皮切りに、市場が拡大しているスマートウォッチ業界。記者が新たに入手したモデルは、心拍数などはもちろん、ストレス値まで計測してくれるという。だったらこれ着けて麻雀打ったらどうなるか、実験した。

【関連写真】親のマンガンを振り込んだ記者。その時、ストレス値は…

Array

■残り体力やストレスを計測


今回試したのはスイスの電子機器メーカー・ガーミンが手掛ける最新モデル「Venu Sq(ヴェニューエスキュー)2」。ロールプレイングゲームでよく見る「HP(ヒットポイント)」的に着用者の“残体力”を測定してくれる機能や、現在のストレスレベルまで測定してくれるというスグレもの。

ストレス値は、心拍変動を分析した上で数字で算出され、0から25は低レベル、26から50は中レベル、51から75は高レベル、それ以上は非常に高いストレスレベルとなる。

関連記事:実用的でお洒落なデザイン「フォッシルの腕時計」人気の商品はコレ

■「会議」は意外にも低ストレス




毎日のストレスの波を把握しておくことは、健康的な日常を送る上で重要だ。それを再認識するため記者はこれを装着し、東京・新橋にあるノーレートマージャン店「ベルバード」に突撃した。ゲームを通し、どんなストレス変化があるのか、はたまたこの数値はまやかしなのかどうか、厳しい目でジャッジするため“正当な業務”としておもむいたのだ。

ちなみにその実験日の朝、sirabee編集部全体のオンライン会議があったが、その時点でのストレス値は「22」。会議が穏便に終わったこともあり、記者のストレスは全く上がらなかったことがわかる。

■ライバルに「ロン」され…




ベルバードに到着し、店長である“とりパパ”こと鳥越真仁氏に実験の許可を得る。赤く染めたド派手なヘアスタイルの同氏は「へへへ…役満狙ってよ。テンパったら(アガる一段階前の状態)ドキドキでストレス値あがっちゃうかもねぇ…(ニチャア)」と顔なじみの記者にプレッシャーを与えてくる。ストレス値がみるみる上がっていったと感じたが、腕時計を見ると低レベルの「25」だった。

初見のお客さん3人が集まり、ゲーム開始。東1局、記者は南家。配牌3シャンテンのまずまずな牌姿で、うまく行けば123の三色同順が狙えそうなピンフ手。しかしツモが利かない。西や南、9萬に9ピンなどヤオチュー牌ばかり引いてきて手がほとんど進まず、気づけば8巡目。親から先制リーチが入り、トイツで持っていた中を切ると、リーチ、チートイツ、ドラドラの手にあっけなく放銃となった…。



12000点を払い、次局の牌が上がるまでの瞬間に腕時計を見ると、ストレス値「90」。振り込んだショックのせいでガーミン社が「非常に高いストレス」と解説する数値になっていた…。このゲームはどうにか後半盛り返し2着で終了。興奮状態が続いたせいかストレス値は40から60の間をいったりきたりしていた。

■幸運の女神が微笑む




続いて第2ゲームに突入する。冷静になるため、休憩時間にトイレの掃除をしてきたこともあってか(?)運が次々押し寄せてくる。

配牌こそバラバラだったが必ずドラが複数あり「へへへ…今日はツイてるなぁ。ツモォ、4000オールは4100オール」「ロンッ……!ロンッ……!ロンッ……!ロンッロンッ……! 3900点!」「このままじゃあカミさんに怒られちまうよ…あ、それロンッ12000!」と次々アガる記者(※セリフは記者の脳内イメージ)。

気がつけば52500点の断トツトップで終局。すかさず腕時計を見るとストレス値は「89」! なんで…スッキリしているはずなのに。



ゲーム後、鳥越氏が「麻雀はテンパイした時が一番ドキドキするものでしょ?」と記者に話していたことを思い出した。確かに涼しい顔を周囲に見せつつ、瞬間的に「ロン!」と発声する準備をしている時の緊張感はマックスだ。

色々あったが、このスマートウォッチは記者の心理をしっかり数値化していたと言えそう。ただ、数値を対局者に見せるとテンパイがバレるかも。

当記事はしらべぇの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ