“伝説の現地ガイド”再来!? 大泉洋『水曜どうでしょう』新作決定にファン歓喜

まいじつ

大泉洋 
大泉洋 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

俳優・大泉洋が9月25日、北海道テレビ放送のバラエティー番組『水曜どうでしょう』の緊急オンライン配信に出演。2023年春以降をめどに新作を放送すると発表し、話題になっている。

生配信は『涙のラストランから20年…どうでしょう軍団緊急集結!』と題して実施。東京から大泉洋、北海道から〝ミスター〟こと鈴井貴之、藤村忠寿と嬉野雅道ディレクターが出演した。

大泉は「この時間ってBSで『鎌倉殿の13人』が放送になっているんじゃないですか? 思いっきり裏かぶりしているんじゃない? (自分の)出番は終わっているけどね」などと言いながら、いつもの軽い調子で登場。オンラインで生配信をしたことについて、「ひとつも終結できてないじゃないか」とファンの笑いを誘った。

鈴井は「僕たち、つい2週間前に会っているんですよね」と切り出すと、「『水曜どうでしょう』は動いているんですよね。コロナ禍で静かにしてましたけど、そろそろいいんじゃないかっていう空気が流れてきて。最新作、撮りました」と発表。さらに藤村ディレクターが「いままでにない変わったものになりました」と話した。



4人の突然の発表に、視聴者からは

《最新作いつの間に撮影してたの? 放送が楽しみで待ちきれない》
《ついにきたね。大泉さんのスケジュールどうやっておさえたの? 奇跡じゃん!》
《このメンバーのパワーバランスが変わらないのが面白いんだよね。これは楽しみだ》
《4人が集まってる姿見れるだけで最高なのよ。なんか安心するんだよね》

など、大きな反響を呼んでいる。

数々の名シーンを生み出したロビンソン


また、生配信中に大泉が、「ロビンソン」と口を滑らせたことで、ネット上では驚きの声が殺到している。

「ロビンソンというのは番組の〝名脇役〟として活躍した石垣島の現地ガイドのことです。『激闘!西表島』篇に出演し、どうでしょう軍団に釣りなどを指南。メンバーが早く帰って寝たいと口を揃える中、1人暴走する姿が大反響を呼びました。放送後はロビンソンのミニフィギュアまで発売され、〝聖地巡礼〟としてロビンソンの経営する〝ロビンソン小屋〟を訪れるファンが続出しましたね。大泉の過密スケジュールを考えると、もはや長期の海外ロケは不可能です。また西表島周辺がロケ現場になったのかもしれません」(芸能ライター)

近年の作品はマンネリ化が叫ばれ、大泉が売れっ子俳優になったことで以前のような無茶振りもすっかり姿を消してしまった。

いい意味で、ファンの期待を裏切る作品になっているか、来春のオンエアーを楽しみに待ちたい。

当記事はまいじつの提供記事です。