年収1億円コスプレイヤー・えなこがぶっちゃけた「儲けの仕組み」「ノー肌着撮影」

アサ芸プラス


 人気コスプレイヤー・えなこが、9月24日放送の「今田耕司のネタバレMTG」(読売テレビ)に初登場。自身の仕事内容について語った。

年収なんと1億円というえなこは、その内訳について聞かれると、

「CMだったりとか、あとはゲーム系の生放送、イベントや写真集。自分で作ってる写真集があるんですけど、それってほとんど全部自分に入ってくるので、それも大きかったりします」

そうぶっちゃけるや、この日着用していた衣装の値段についても、ズバリ告白。

「オリジナルの衣装なんですけど、デザイン費とか布の費用を含めて、30~40万円くらい」

月亭方正から「まつ毛抜いてるんやんな」と振られても、赤裸々サービスは止まらない。

「そうです。まつ毛をコスプレのために抜いてて。コスプレって、いつもつけまつ毛をするんですけど、生えてると自分のまつ毛とつけまつ毛、二重になってる感じが不自然に見えるかなって私は思ったんで、全部抜いてるんですよ」

番組中、出演者らの「トリセツ」を紹介するコーナーがあり、えなこのマネージャーが「撮影によく肌着を着けずに来るので、用意している」と暴露。その理由について、えなこは、

「グラビアのお仕事もしてるんで、痕がつかないように、あまりしてこないんですよ」

こうした告白の連続に、芸能ライターは表情が緩みっぱなしで、

「男性視聴者を大いに沸かせましたね。服の中で放り出されたあのEカップの躍動を想像するだけでも垂涎モノですが、彼女のプロ意識には頭が下がります」

まだまだ年収は増えそうだ。

(鈴木十朗)

当記事はアサ芸プラスの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ