「私がお金集めるよ~!」飲み会で会計をまとめてくれる友人の”姑息な金稼ぎ方法”に唖然…!→会に呼ばれることはなくなり…

lamire


簡単に人間関係を崩してしまうお金。お金があれば不自由はしませんが、トラブルの元になることも。 今回は実際に募集した金銭トラブルエピソードをご紹介します!

少額のお釣りを懐へ入れる友達


私の地元の友達の話になります。
当時大学生や社会人になりたてくらいの年齢で、お金を持っている人は少なかったのですが、集まってカラオケや居酒屋に行くことがよくありました。

そんな集まりのお会計とき、毎回「私がお金集めるよ~」と率先して、回収してくれる女子がいました。
はじめは「気が利くな~、ああいう子がモテるんだろうな~」と思っていたのですが…。

毎回お会計の金額に端数があると、100円単位で切り上げをして、端数はお釣りとして返さずに自分のポケットにしまっていたのです。

1人当たりで言うとそんなに高い金額ではなかったので、あまり文句を言う人もいなかったのですが…。

集まりの回数が多くなるにつれて、おかしいなと思う人が増えていき、結局彼女が集まりに呼ばれることはなくなりました。

(女性/会社員)

飲み会なのにお金を持ってこない友人


私の中学校の同級生に、飲み会の度にお金を払わない人がいます。
大人になった今でも定期的に中学校の友人達と集まって飲むことが多いのですが、その彼は毎回お金を持って来ず、周りの人に多めに払ってもらうという姑息な真似をしています。

最初のうちは周りもお金を出していたものの、これが続いたことでその彼は飲み会に呼ばれなくなってしまいました。
つくづくお金は人間関係を狂わせてしまうなと実感した出来事でした。

(男性/自営業)

あなたの周りでもこんなこと、ありませんか?


「金の切れ目は縁の切れ目」と言うように、お金はトラブルの元になりやすいみたいです。
お金の貸し借りをするときには慎重にしないといけませんね。

以上、金銭トラブル体験談でした。

次回の「金銭トラブル体験談」もお楽しみに♪

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。

当記事はlamireの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ