佐藤勝利、黒柳徹子と60歳差の恋人役 「国宝と国宝で、素晴らしい貴重な経験」

エンタメOVO


 舞台「ハロルドとモード」取材会が28日、東京都内で行われ、出演者の黒柳徹子と佐藤勝利(Sexy Zone)が登壇した。

本作は、映画『ハロルドとモード 少年は虹を渡る』(71)を原作に、G2氏が新たに脚本を書き下ろした朗読劇。79歳の女性・モードと19歳の少年・ハロルドとの恋と生きることの楽しさをコメディータッチで描く。

黒柳にとっては、ライフワークともいえる公演で、今回が3度目の上演。相手役のハロルドを、2020年公演の生田斗真、21年公演の藤井流星からバトンを引き継いで佐藤が演じる。黒柳と佐藤は本作が初共演となる。

黒柳は「勝利くんは本当にハンサムで、“(顔面人間)国宝”と言われているそうですが、正面から見るとなるほどと思いました」と明かした。

そして、佐藤の印象を「穏やかで一生懸命で、日増しにせりふもうまくなっていくし、とっても気がつく方で、この頃の若い方では少ないと思います」と語った。

佐藤はその言葉に喜びながら、「ハロルドとして生きられることに喜びを感じています。前回の流星くんが、『徹子さんは本当に国宝の人だから、一緒にいられるだけですごい経験だった』と言っていました。国宝と国宝で、素晴らしい貴重な経験をさせていただけると思うので、楽しんで、明日からの本番をやっていけたらと思います」と意気込みを語った。

また、60歳差の恋人同士を演じるに当たっての思いを聞かれた佐藤は「60歳差への『はてな』を感じさせないで、ハロルドはこんなにすてきなモードだったら好きになるよねって思ってもらえることを大事にしています。俯瞰(ふかん)で見るとすごいことだと思いますが、ハロルドとしては(年齢差を)考えないようにしています」と明かした。

舞台は、9月29日~10月13日まで都内・EXシアター六本木ほか、大阪で上演。

当記事はエンタメOVOの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ