Sexy Zone 佐藤勝利「顔が国宝」黒柳徹子がべた褒め、デートの約束も交わす

dwango.jp news


公開から約半世紀経った現在でも多くのファンを魅了する映画に新たな息吹を吹き込み、2020年に朗読劇として誕生した新生『ハロルドとモード』。9月29日(木)よりEXシアター六本木にて、黒柳徹子×佐藤勝利Sexy Zone)、さらには北乃きい、林田一高近藤芳正常盤貴子という豪華キャストでの上演がスタートする。

公開前日には報道陣向けにゲネプロが公開され、自分らしく生きる破天荒な79歳の女性・モード(黒柳徹子)と愛に飢えた少年・ハロルド(佐藤勝利)のラブストーリーで会場を笑いと涙で包んだ。



『ハロルドとモード』は、自分らしく生きる破天荒な79歳の女性・モード(黒柳徹子)と、狂言自殺を繰り返し愛に飢えた19歳の少年・ハロルド(佐藤勝利)の一風変わったラブストーリー。2人の共通の趣味は“赤の他人のお葬式への参列”というブラックユーモアたっぷりのストーリーで届けられる。

赤の他人の葬式で何度か顔を合わせるうちに仲が深まるハロルドとモード。次第にハロルドは、その破天荒なモードの生き様に惹かれていく。モードから発せられる所有の概念や美の概念、物は流れるという儚さ。そんな人生観に関する金言の数々、そして戦争を跨いだ生死感。佐藤勝利のフレッシュで鬼気迫る演技と、黒柳徹子のどっしりと重厚な演技が濃密な空間を創造していく。会話劇で紡がれる舞台は終盤に大きく加速し、フィナーレには涙を誘われる者も少なくないという、おしゃれで贅沢な心震える空間が広がっていた。

ゲネプロ後には取材会が行われ、壇上に再び現れたのは、黒柳徹子と佐藤勝利。佐藤は小学校時代の担任が毎朝「窓際のトットちゃん(著:黒柳徹子)」を朗読してくれていたそうで、「黒柳徹子さんって素敵な人だな。素敵な生き方だなと思っていました。どこかモードのような女性ですし。時を経て、まさかお仕事でご一緒できるなんて想像していなかったので奇跡が交差したなと思っています。担任の先生もガッツポーズしてると思います(笑)」と共演の喜びを語る。

対する黒柳も「本当に勝利君はハンサムで、顔が国宝と言われているそうですが、なるほど国宝と思います。そんな方と素晴らしい作品を作ることが出来て良かったなとつくづく思っています」とその喜びをかみしめた。この言葉を受け佐藤は「今、国宝と言ってもらえましたけど、前回ハロルドを務めた藤井流星くん(ジャニーズWEST)とご一緒した時、“徹子さんは本当に国宝なので一緒にいられるだけで幸せ”という結論に至りました。なので…、国宝と国宝ということで!」と会場に笑いを届けた。

役作りに関し黒柳は、「モードを演じるにあたって難しさはなかったです。モードとほとんど同じなんです。こんな女の人、私以外にいるんだなと思って」と笑顔で語る。記者団から「今、自由が与えられたら何をしたい」の質問が飛ぶと、黒柳は「アイスクリームがいっぱいあるお店に行って、アイスクリームをいっぱい食べたい!」とキュートに微笑み、佐藤も「NYで演劇やミュージカルを見て、僕もアイスクリームをいっぱい食べたいです!アイスクリームっていいですよね!夢ですよね!デート行きましょうね!」と2人でのデートプランを語り会場をほっこりとした笑いで包んだ。

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ