東北2週間天気 気温変化はジェットコースター 暑さの後は秋本番の肌寒さ

日直予報士

この先の東北地方は、10月2日(日)までは広く秋晴れとなる見込み。4日(火)頃は季節を進める雨が降り、次第に秋本番の空気に入れ替わる。急激な気温変化に注意。秋の衣替えもお早めに。

●【前半】10月1日(土)~2日(日) 絶好の行楽日和・衣替え日和

あす29日から10月2日(日)にかけては、大陸育ちの乾いた空気を持つ高気圧に覆われて、おおむね晴れるでしょう。10月スタートとなる1日(土)と2日(日)は、各地で秋晴れとなり、絶好の行楽日和となりそうです。また、バスタオルなどの厚手の物もすっきりと乾くでしょう。たまった洗濯物を一気に片付けられそうです。

来週の4日(火)から5日(水)にかけては、日本付近を寒冷前線が通過するため、広く雨が降るでしょう。前線通過のタイミングで雷を伴い雨脚の強まる所がありそうです。また、風が海上を中心に強まり、荒れた天気となる恐れがあります。こまめに最新の情報を確認して下さい。

この先は、気温の変化が大きいのが特徴です。10月2日(日)にかけては、東北南部で30℃くらいまで気温の上がる所があるでしょう。熱中症に注意が必要です。ただ、4日(火)頃の雨を境に季節が一気に進みそうです。半袖シャツの出番が減り、長袖シャツやカーディガンなどが主役となるでしょう。今週末は晴れますので、秋の衣替えのベストタイミングとなりそうです。

●【後半】10月6日(木)~8日(土) 秋本番の肌寒さ 体調管理に注意

10月6日(木)と7日(金)は晴れ間の出る所が多くなりますが、8日(土)は広く雨が降るでしょう。9日(日)も青森を除く5県で雨の降る時間がありそうです。10日(月:スポーツの日)は東北南部では天気が下り坂で、午後は雨の降る所があるでしょう。一方、東北北部は各地で秋晴れとなり、行楽日和となる見込みです。

最低気温・最高気温ともに、平年並みか低い日が多い予想です。特に10月6日(木)~8日(土)は、上空に強い寒気が流れ込み、日中も15℃に届かない所がありそうです。季節外れの暑さから一転して昼間も肌寒くなりますので、急激な気温変化で体調を崩さないように注意して下さい。

当記事は日直予報士の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ