【ビルボード】Ado「新時代 (ウタ from ONE PIECE FILM RED)」がストリーミング7連覇 なとり「Overdose」TikTok人気から6位に

Billboard JAPAN



2022年9月28日公開(集計期間:2022年9月19日~2022年9月25日)のBillboard JAPANストリーミング・ソング・チャート“Streaming Songs”で、Ado「新時代 (ウタ from ONE PIECE FILM RED)」が7週連続となる首位を獲得した。

「新時代 (ウタ from ONE PIECE FILM RED)」は、8月6日に公開された映画『ONE PIECE FILM RED』の主題歌で、作中のキャラクター、ウタの歌唱パートをAdoが担当し、中田ヤスタカが楽曲提供。8月10日にリリースされたアルバム『ウタの歌 ONE PIECE FILM RED』に先駆け、6月8日に先行配信がスタート、当チャートでは6月15日に28位で初登場した。チャートイン16週目を迎えた当週の再生回数は前週比92%の11,939,263回を記録。週間再生回数のピークが18,748,295回を記録した8月24日で、以降は緩やかな減少推移を辿っているが、とはいえ当週も週間1,000万回超の高水準はキープした。チャートイン12週目となる8月31日に1億回を突破した累計再生回数も、当週で1.5億回まで到達し、次の大台に向けて順調に数字を積み重ねている。

さらに同アルバムからは、2位に「私は最強 (ウタ from ONE PIECE FILM RED)」、3位に「ウタカタララバイ (ウタ from ONE PIECE FILM RED)」、4位に「逆光 (ウタ from ONE PIECE FILM RED)」が入り、これでトップ4の独占も異例の7週連続維持。興行通信社によると、映画『ONE PIECE FILM RED』は最新の動員ランキングで8週連続1位をマークしており、映画と音楽の相乗効果的なロングヒットはまだまだ続きそうだ。

「W/X/Y」が当週5位でチャートイン39週目を迎えたTani Yuukiは、9月21日に新曲「もう一度」をリリース、当週3,676,818回再生を記録して25位に初登場した。昨年5月にTikTokでサビ部分のみ先行公開されていた楽曲で、リリースと同時にミュージック・ビデオも公開されている。“HOT 100”では総合23位、指標別だとラジオ7位がとりわけ高順位で、楽曲の訴求が今まさに進んでいることが窺える。

前週17位に初登場したなとり「Overdose」は、大きく順位を上げて6位に。2021年5月からYouTubeやSNSを中心に楽曲を公開しているシンガー・ソングライターで、9月7日に同曲をリリース。TikTokでの動画投稿が急増し、そのバイラルがサブスクやYouTubeにも伝播している。また、BLACKPINKが9月16日にリリースした最新アルバム『BORN PINK』の収録曲「Shut Down」が24位にエントリー。トップ100内に初登場した楽曲では当週最高位となる。

◎【Streaming Songs】トップ10
1位「新時代 (ウタ from ONE PIECE FILM RED)」Ado(11,939,263回再生)
2位「私は最強 (ウタ from ONE PIECE FILM RED)」Ado(9,073,846回再生)
3位「ウタカタララバイ (ウタ from ONE PIECE FILM RED)」Ado(8,126,554回再生)
4位「逆光 (ウタ from ONE PIECE FILM RED)」Ado(7,674,513回再生)
5位「W/X/Y」Tani Yuuki(7,430,912回再生)
6位「Overdose」なとり(7,084,241回再生)
7位「Habit」SEKAI NO OWARI(5,475,481回再生)
8位「ミックスナッツ」Official髭男dism(5,442,156回再生)
9位「ダンスホール」Mrs. GREEN APPLE(5,432,420回再生)
10位「シンデレラボーイ」Saucy Dog(5,317,238回再生)

※()内はストリーミング再生回数。
※総合ソング・チャート“HOT 100”のストリーミング指標と動画再生指標およびストリーミング・ソング・チャート“Streaming Songs”では、一部サービスにおけるデータを無料ストリーミングと有料ストリーミングで分けて集計し、それぞれ異なる係数を乗じているため、再生回数の合算によるランキングとは異なる場合があります。

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ