空気階段・水川かたまり、めるるとのカップル撮影にガチガチで臨む 実は芸人カップルが断った企画だった

空気階段の水川かたまりが、女性ファッション誌『CanCam』の企画に参加したことを自身のラジオ番組で明かした。1人での撮影だと思い現場に向かった水川だったが、実際は“めるる”こと生見愛瑠とのカップル撮影で、手を繋いだり肩を抱いたりとスキンシップの多い場面に終始ガチガチだったという。撮影スタッフにも注意されるほどぎこちない動きを見せた水川は「なんで俺なんだろう」と素朴な疑問が思い浮かんだが、そこには意外な理由があったそうだ。

女性誌『anan』(2268号)に登場したイケメンぶりが話題となったり、今年8月に発売された『空気階段の踊り場』(TBSラジオ)の公式本でセクシーな“袋とじ”グラビアを披露したりとビジュアルに定評のある水川かたまり。26日深夜に放送された『空気階段の踊り場』では、先日『CanCam』の取材で冬服の撮影に臨んだことを明かしている。

スケジュールには“CanCam取材”としか書かれておらず単独撮影かと思っていた水川だが、よくよく話を聞くと実は同誌の専属モデルである生見愛瑠との撮影だった。しかも「ファニー」「キュート」「アダルト」「セクシー」という4つのテーマに基づいたカップルコーデの撮影だったそうで、想定外の事態に大いに焦ったという。

いざ撮影が始まると「手を繋いでください」「(1つのマフラーで2人の首を巻いて)こっち見つめてください」などとスキンシップの要求が相次ぎ、すっかりドギマギしてしまった水川。生見の肩を抱くというシチュエーションでは、撮影スタッフから「手が童貞なんで…もっとガシッといってください」と注意されたそうで、慣れない撮影で自信のなさが露呈してしまったと振り返っていた。

あまりの不甲斐なさに「なんで俺なのか」と疑問が浮かんだ水川は、マネージャーにその理由を聞いてみることにした。すると返ってきたのは「これ、伊藤さんとイワクラさんが断った企画なんですよ」という意外な答えだった。もともとは先日交際を認めたオズワルド・伊藤俊介蛙亭・イワクラのカップル撮影だったが、話が頓挫してしまったため急遽、生見と水川に白羽の矢が立ったというのだ。

これに相方の鈴木もぐらは「いや畠中でいいじゃんね?」と伊藤の相方である畠中悠に触れ、「畠中ショック受けるだろうな…」「慰めてあげたいよ」と同情した。結局、水川本人も最後まで抜擢された理由が分からないようだったが、既に冬の発売号に掲載されることが決まっているそうで、ガチガチだった彼がどんな姿で写っているか気になるところである。

画像は『空気階段の踊り場(TBSラジオ) 2022年9月26日付Twitter「このあと24:00-TBSラジオ「空気階段の踊り場」」』『anan 2021年9月29日付Twitter「発売中の #anan 2268号(表紙は深澤辰哉さん)に #空気階段 #水川かたまり さんがトレンドの #ちょいキラメイク をまとって登場!」』『生見 愛瑠(めるる) 2022年9月17日付Instagram』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 根岸奈央)

当記事はテックインサイトの提供記事です。