東出昌大のストイック山小屋生活に「いしだ壱成みたいになる気配…」

まいじつ

東出昌大 
東出昌大 (C)まいじつ 

俳優の東出昌大が自給自足の山ごもり生活をしていることがわかり、ファンをザワつかせている。

9月27日配信の『週刊女性PRIME』によると東出は、関東近郊の山の斜面に立つ山小屋で自給自足の生活をしながら、山小屋のオーナーと狩猟に明け暮れているという。

東出は記者の取材に対し、《ここは携帯電話の電波もつながりません。トイレも汲み取り式ですし、電気は通っていますが、ガスと水道も通っていませんからね。布団もないので寝るときは寝袋を使うなど、確かに不便な部分もあります》と、現在の生活の苦労を明かしている。

それに加え、役者でいるときは追い込まれている状態のことが多いとし、《ここに来ると、食べ物もひとつひとつ美味しさを感じながら食べることができるので、僕にとってはここでの生活のほうが居心地がいいんです》と回答。

さらに〝単独忍び〟という手法で1人で狩りをしているといい、《仕留めた獣は自らさばき、余った部分は食肉加工工場へ持っていって、ソーセージにしています。あとは近くで採れた山菜や、近所の方にいただいた野菜などを食べて生活しているので、食費も0円に近いですね》と自給自足の生活を明かしている。

東出昌大に本格復帰の可能性は…?


東出のストイックな生活に、ネット上では

《もともとかなりストイックな性格なんだろうな。芸能人でこんな不便な生活できる人少ないと思う。頑張ってほしい》
《逞しくて凄いな。私生活もちゃんと見つめなおそうっていう決意なのかもしれないね》
《不倫はダメだけどもう十分禊ぎは果たしたと思う。巨人の坂本なんかよりもよっぽどちゃんとしてるだろw》
《失敗から学んで自分の行動を変える事はできる。人生長いのだから、頑張って。離れてしまった子どもたちに今の生き様を見せてあげて欲しい》

などと、エールが送られている。しかし一方、

《何やってるのか、どこ目指してるのか、よく分からん》
《ユーチューバーにでもなるの?》
《いしだ壱成みたいになる気配が…》
《イキイキしちゃってる やらかした人って極端な事しだすよね》

などの指摘も上がっている。

「都心で生活していれば、気晴らしに酒を飲んでいただけでも周囲から叩かれますからね。東出にとって仙人のような生活はむしろ居心地がいいんじゃないでしょうか。俗世を絶ち、自給自足の生活を送るのは誰でもできることではありません。最近はそんな東出を慕って、後輩の俳優も山小屋に訪れているようですよ。狩りの姿を追ったドキュメンタリー番組も『スペースシャワーTV』で放送が決定し、最近は仕事のオファーも続々と届いているといいます」(週刊誌記者)

果たして、東出の努力は報われるのだろうか。

当記事はまいじつの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ