女優・エッセイスト・歌手・YouTuber…杏はなぜこんなにも「多才」なのか?

アサ芸プラス


 女優・杏のYouTubeが大人気だ。父・渡辺謙との「初共演」を見せるなど話題作りにも余念がなく、『【謙&杏】親子で料理をしました』と題されたこの回は、なんと1000万回を超える再生数を記録している。

「YouTuber・杏」としても十分な存在感を示しているのだが、そんな彼女が、現在はフランスと日本を行き来しながら女優を続けているのは周知の通り。だが、今年7月から国連WFP親善大使に任命されたこともあり、今後は女優だけでなく「文化人」としても活動するのでは、と言われている。

「杏は、以前より女性誌などで、読書好きとして本特集での取材を受けることがよくありました。エッセイ本『杏のふむふむ』(筑摩書房)など、共著も含め、すでに数冊の本も上梓しています。数年後には『エッセイスト』の肩書が増えているかもしれません」(芸能記者)

ラジオパーソナリティとしても長年活動していたため、今まで以上にナレーターやナビゲーターといった「声」の仕事も噂される。さらに、

「10月14日公開予定のジブリ映画の実写版『耳をすませば』では、杏が主題歌『翼をください』を歌っています。過去にはアルバムを出したこともあり、以前から『ギターの弾き語りも上手い』と評判だったため、音楽活動を増やしていくことも選択肢のひとつでしょう。3人の子育てを優先させて、ドラマや映画など女優としての活動を年1本程度に抑えたとしても、仕事は安泰でしょう」(前出・芸能記者)

好感度も以前にも増して上がっているため、CM出演のオファーも絶えないと言われる。

「中山美穂は、フランスで子育て優先の生活を送っていた際には、女性誌『LEE』(集英社)で、日々の雑記のような連載をしていました。また、フリーアナの雨宮塔子も、渡仏して現地の大学で西洋美術を学んでいた時に、定期的にアート&歴史関連の大型特番でのMCを担当していました。彼女も雑誌媒体を中心として数本の連載を持っており、主に現地での滞在記のエッセイ本を約10冊ほど出版しています。いずれ、杏も女性誌などで連載を持つことになるかもしれませんね」(女性誌記者)

今のところ杏の失敗は夫選びだけ!? だが、それ以外では順風満帆、前途洋々なのである。

(島花鈴)

当記事はアサ芸プラスの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ