【金銭トラブル】「お金を貸して欲しい」知人から“借金”の申し込みが…→断ると態度が急変…!

lamire


簡単に人間関係を崩してしまうお金。お金があれば不自由はしませんが、トラブルの元になることも。 今回は実際に募集した金銭トラブルエピソード「」をご紹介します!

知人からの借金依頼


10年程の付き合いのある知人がいます。
趣味の絵画を以前購入したらしく、それは破格の値段だったそうです。

仕事柄、先輩の彼は年下ではありますが能力は高く、色々なことでお世話になりました。
食事ぐらいはご馳走していましたが…ある日「今の給料ではその絵画の支払いが困難になるからお金を貸して欲しい」とお願いされました。

しかも、いきなり10万円とのこと…もちろん断りましたが、ほかの同僚にも借りたいと相談していたそうです。
断ったそれ以来、態度が急変してしまい、モヤモヤしています。

(男性/介護士)

読者の感想

大丈夫です。趣味に使うお金も自分で出すから意味があるのです。彼が自分で借りたという証明や返すという証明を提出してこない限りは貸さなくて正解だったと思います。(匿名)
金の切れ目が縁の切れ目っていう言葉を、その人は知らないのでしょうかね。それとも知っていても古くさい言葉としか捉えてないのでしょうか。どっちみち、そんな人は、近いうちに孤立するでしょう。その人が、職場に居づらくなり、退職するのも時間の問題でしょうね。(女性/主婦)
断って正解だと思いますし、そこで態度を変えるような先輩と付き合う必要は全くないです!1度貸したらズルズル貸してと言われそうだし、返ってこなさそう。自分の給料内で買えないものを買った先輩が悪い!(40歳/主婦)

あなたの周りでもこんなこと、ありませんか?


お金はトラブルの元になりやすいみたいです。
お金の貸し借りをするときには慎重にしないといけませんね。

以上、金銭トラブル体験談でした。

次回の「トラブル体験談エピソード」もお楽しみに♪
※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。

当記事はlamireの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ