ケンタッキーじゃなくアジアフライドチキンに行ってみた結果

ガジェット通信



ケンタッキー・フライド・チキン(略してKFC)はおいしい。実においしい。「きょうケンタッキーにしない?」って言いたくなる。でも、たまにはアジア・フライド・チキン(略してAFC)も食べたくなる。

まじ「きょうアジアにしない?」って気分になる



KFCならぬAFCはミャンマーの都市・ヤンゴンにあるおいしいフライドチキンとハンバーガーのお店。フライドチキンもチキンナゲットもあるし、ペプシコーラまで飲める。まじ「きょうアジアにしない?」って気分になる。









スマイルは0円なのでマクドナルドに負けていない



お店に行けば衝撃。店員さんがみんなフレンドリー。優しいし、撮影もOKだし、なによりスマイルが良き。もちろんスマイルは0円なのでマクドナルドに負けていない。

しっかり皿に乗せられてやってきた



今回はフライドポテトとフライドチキン、そしてペプシコーラをオーダー。待つこと数分、なんとしっかり皿に乗せられてやってきた。ちゃんとしたレストランやファミレス並みのサービス。でもペプシコーラは缶。うまいから許す。













AFCに合格点あげたい



フライドチキンは、KFCに負けないほどおいしい。というより、KFCとは別物と考えていい。衣のきめが細かく、食感がKFCと違う。鶏肉は柔らかく、その点はKFCに近い。合格点あげたい。

ミャンマーにいるなら「きょうアジアにしない?」



なんだかKFCが食べたくなってきたよ。「きょうケンタッキーにしない?」って言いたい。でも、皆さんが今ミャンマーにいるなら「きょうアジアにしない?」。

ちなみに、AFCにはカーネルオジサン的なキャラクターはいなかったよ。



(執筆者: クドウ@地球食べ歩き)

当記事はガジェット通信の提供記事です。