庵野秀明も絶賛!特撮スチールカメラマン・大島康嗣の集大成『HERO 大島康嗣の仕事』

雑誌のために現場に張り付いて、特撮作品の写真を撮る。仮面ライダーやウルトラマン、スーパー戦隊シリーズの現場では今や普通の光景になっているが、それを始めたパイオニアカメラマン・大島康嗣の集大成たる写真集が2022年10月31日に登場! 貴重なフィルムをその目に焼き付けよう。

1964年に講談社写真部のカメラマンとなり、『週刊少年マガジン』のグラビア特集の撮影を担当していた大島康嗣。
特撮作品『丸出だめ夫』『ウルトラQ』などの現場取材撮影をスタートし、1971年『仮面ライダー』の人気から創刊された幼年雑誌『テレビマガジン』で掲載された特撮作品のほぼすべてを撮影していた。
2019年放送の令和の仮面ライダー『仮面ライダーゼロワン』まで55年間、仮面ライダーシリーズを中心に、188作品のキャラクターを被写体にシャッターを押し続け、特撮の全てを撮り続けてきたカメラマンだ。

取材撮影をはじめて間もないころ、現場に「邪魔だ!」と言われていたところから、制作サイドと人間関係を作りあげ、信頼を勝ちとって、撮影してきた大島の写真は、数えきれない。

現場のために早く、そして雑誌のためにたくさん撮影するために、フィルムを海外から取り寄せ、改造したこともあったという。雑誌の写真のためにそんな発明までする仕事人・大島康嗣の残した写真は今、講談社の宝のひとつだそう。
大島はカメラでキャラクターの生き生きとした動きを追い、それを「獲物」と呼び、「獲物」を捕らえた写真は、どのカットも、そのとき、そこにヒーローがいるのだ、と語っている。

今回の写真集は、大島康嗣が特撮のキャラクターと向かい合ってきた臨場感と55年の歴史をテーマに、どんな距離でどんな体勢でどのようにシャッターを押したのか、想像をしながら1枚1枚を堪能できるように工夫された、全320ページにも及ぶこの一冊は、読み応えがありそうだ。
巻末には、1087枚の写真すべてに大島のコメントを掲載している。

子どもだったころ、夢中になっていたあのヒーローは、このように撮影され、雑誌に掲載されていたのかと、驚きと感動を与える唯一無二の写真集になるに違いない。

☆写真集『HERO 大島康嗣の仕事』の中身を画像でちょい見せ(写真5点)>>>

(C)円谷プロ  
(C)石森プロ・東映

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ