金ロー『竜とそばかすの姫』芸能人声優にゲンナリ…「みんな下手」「違和感」

まいじつ


(C)Krakenimages.com / Shutterstock

9月23日の『金曜ロードショー』(日本テレビ系)で、細田守監督の大ヒット作『竜とそばかすの姫』が地上波初放送された。視聴者から大きな反響が寄せられていたが、一部では、映画公開当初から言われていた声優のミスキャストを指摘する声も上がっている。

同作は、ネット上の仮想世界「U」で歌姫・ベルとなった主人公の女子高生・内藤鈴の葛藤や成長を描いた長編アニメーション映画。鈴役には実力派ミュージシャンの中村佳穂が抜擢され、初の声優デビューを果たした。

また幼馴染みの久武忍役は俳優の成田凌、親友の別役弘香役は大人気音楽ユニット『YOASOBI』のボーカルで、ソロシンガーとしても活躍する幾田りらが担当。他にも鈴の友人である渡辺瑠果役を俳優でモデルの玉城ティナ、物語のキーパーソンとなる〝竜〟を俳優の佐藤健が演じている。


豪華なキャスティングが裏目に…?


かなり豪華なキャスティングだが、残念なことに映画公開当初から「演技が下手」といった批判の声が少なくなかった。やはり今回の地上波放送でも、

《中村佳穂、歌以外の演技が高校生じゃなくて、30過ぎのOLみたいなんだよね。だから始まりから終わりまでずっと違和感が…》
《なんか声優みんな下手くそやなー。高校生のすずの声がおばさんすぎだし》
《ティナって人かな? ルカちゃんの声、オバハン過ぎる》
《ルカちゃんの声、老けてるなぁと思ったら玉城ティナだった》
《竜とそばかすの姫見てるけど、まじでメインどころの声優(というかタレント)が下手すぎて早くも脱落しそう》

など、酷評が殺到。特に女子高生を演じた中村、玉城の演技が悪目立ちしてしまったようだ。

「第74回カンヌ国際映画祭オフィシャル・セレクション『カンヌ・プルミエール』部門選出、興行収入66億円突破など、公開当時大きな話題を呼んでいた『竜とそばかすの姫』。しかし劇場に足を運んだ人からの評判は思わしくなく、主にキャスティングやストーリーに関する批判の声が多く見受けられました。唯一〝映像美〟だけは高い評価を集めていたので、見る人を選ぶ作品だったのかもしれませんね」(アニメライター)

やはりアニメ映画の声優は奇をてらわずに、本業の声優をキャスティングするべきだろう。

当記事はまいじつの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ