ホットもいけちゃうスタンダードな無色透明グラス。寒くなったらさらに手放せないよ|マイ定番スタイル

roomie





たくさん入れても型崩れしないし、どんな服にも合わせやすいって最高じゃない?

シンプルな透明のグラスは、どんな食卓にも合う扱いやすいアイテム。飲み物の色が映え、飽きがこないのも魅力です。

この透明のグラス、冷たいドリンクを入れて飲む食器のイメージがありますが、実はホットドリンクもOKな「耐熱ガラス」もあるんです。アイスもホットも飲めるので、季節の変わり目に特に重宝します。

耐熱ガラスのグラスってすごいんだ



普通のガラスのコップでは、アイスは飲めるけれど、ホットを注ぐことはできません。

でも、耐熱性を備えたコップなら、熱い湯をそのまま注ぐことができます。透明グラスなら、ホットコーヒーや緑茶、ホットレモネード、梅酒のお湯割など、飲みものの色を楽しむこともできます。

そんな耐熱ガラスのコップにハマり、実際に使い比べてみました。

シンプルでスタンダードなデザインっていいよね



THE GLASS ショート1,320円(税込)、トール1,540円(税込)、グランデ1,760円(税込)※Amazon価格

THE GLASS

THE GLASS

1,320
Amazonで見てみる

660
楽天市場で見てみる

!function(t,e){if(!t.getElementById(e)){var n=t.createElement("script");n.id=e,n.src="https://araklet.mediagene.co.jp/resource/araklet.js",t.body.appendChild(n)}}(document,"loadAraklet")

まず使ってみたのは、「THE GLASS」。サイズは、ショート、トール、グランデと3種類あります。

実際に手にしてみて、持ちやすさを実感。



手にしているのはショートサイズ。思ったよりも厚みがあるため、気楽に使えそう。重さはあまり感じません



計ってみたところ、ショートは123g。トールは167g、グランデは194gでした。

何を入れてもさまになるシンプルなデザインで、緑茶にアイスラテ、ビールなど、ホットもアイスもサイズに合わせて使えます。



グランデサイズでアイスラテをたっぷり入りてみました。

箱もかわいいので、今後ギフトに使ってみようかな。

耐熱ガラスメーカーの薄口のグラス



HARIO(ハリオ) 耐熱ガラス ロックグラス(300ml) 1,373円(税込)※Amazon価格

HARIO (ハリオ) 耐熱 ロックグラス 300ml RG-300

HARIO (ハリオ) 耐熱 ロックグラス 300ml RG-300

1,373
Amazonで見てみる

1,144
楽天市場で見てみる

!function(t,e){if(!t.getElementById(e)){var n=t.createElement("script");n.id=e,n.src="https://araklet.mediagene.co.jp/resource/araklet.js",t.body.appendChild(n)}}(document,"loadAraklet")

耐熱ガラスといえば「HARIO(ハリオ)」。いろんなデザインの耐熱性のアイテムがあります。なかでも気になったのが、薄口のグラス

実際に手にしてみると驚くほど軽い!



計ってみたところ76gでした。



ただ、薄さもあってか、湯を注いだ直後は熱くて持ちにくくて……。こぼさないように気をつけないと!



ドリンクだけではなく、デザート入れるグラスとしても使えます。今回は巨峰をたっぷり入れてみました。シリアルやヨーグルト入れてパフェのようにするのもきれいです。

独特の形状の耐熱ガラスのコップも楽しくなる



東屋/コップ2(小) 1,980円 (税込) ※楽天価格

東屋 / コップ2 小

東屋 / コップ2 小

1,980
楽天市場で見てみる

!function(t,e){if(!t.getElementById(e)){var n=t.createElement("script");n.id=e,n.src="https://araklet.mediagene.co.jp/resource/araklet.js",t.body.appendChild(n)}}(document,"loadAraklet")

シンプルな透明グラスを探しながら、独特な形状に惹かれて手にしたのは「東屋」のコップ。



底がお花の形になっていて、ガラス面は透明感があり、置いておくだけで食卓が華やぎます。

ビールグラスとしても使いたいと思い、「小」のサイズを選びました。

手に馴染みやすく、軽くて使いやすいグラス。



測ってみると95g。



朝、白湯を入れて飲んだり、コーヒーを注いだり、ちょうどいいサイズ感。夜はビールを注いで楽しめます。

デザインと厚みで好みのコップに出会いたい



耐熱性ガラスと一言でいっても、デザインや厚みが異なり、手にしたときの印象も変わります。厚みがあるとホットドリンクを入れても持ちやすく、洗うときも安心。一方、薄手のグラスは繊細な口当たりが魅力です。

ホットもアイスも飲めて、おまけにデザートカップとしても使える耐熱ガラス。何を入れようか、考えるのも楽しいですね。



コーヒーを淹れる時、「絶対してはいけないこと」をUCCに教えてもらったよ



キングジム「フラッティ ワンマイル」が身軽スタイルの絶対的味方!

当記事はroomieの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ