ザ・リンダ・リンダズ 来日インタビュー/Interview with the Linda Lindas in Japan

NeoL



2021年5月、ロサンゼルス公立図書館で撮影された一本の動画が話題を呼んだ。そこに映っていたのは、ザ・リンダ・リンダズという名のアジア系とラテン系の4人の少女からなるパンクバンド。当時10歳だったドラマーが、「学校で男子が、『パパから中国人には近寄るなと言われた』と言って、中国系の私を避けました。その経験から生まれた曲です」と説明し、「Racist, Sexist Boy」(=人種差別主義で、性差別主義の少年)と題されたパワフルな楽曲を演奏した(https://www.youtube.com/watch?v=J5AhU5Q7vH0)。世界中がパンデミックの閉塞感に包まれ、アメリカではアジア系を標的とするヘイトクライムが相次いで発生していた時期に配信されたこの動画は、すぐさまSNSで拡散され、著名なアーティストたちにも絶賛されて、バンドは一夜にして注目の的となった。ザ・リンダ・リンダズのメンバーは、ルシア・デラガーザ(15)とミラ・デラガーザ(12)の姉妹と、2人のいとこにあたるエロイーズ・ウォン(14)、そして、幼なじみのベラ・サラザール(17)。ここでは、SUMMER SONIC 2022で初来日を果たした彼女たちにインタビューを行い、バンドの誕生秘話やデビューアルバム『Growing Up』について、たっぷりと話を聞かせてもらった。インタビューの翌日に行われたサマソニDay 1ではMOUNTAIN STAGEに登場し、アルバム収録曲をたっぷりと披露。ラストはバンド名の由来にもなったブルーハーツの「リンダリンダ」を日本語でカバーし、フロアいっぱいのオーディエンスを大いに沸かせた。 (→ in English)

――日本へようこそ! 今回が初来日ですか?

全員「イエス!」

――日本に来て楽しかったことは?

ベラ・サラザール(G/Vo)「ミラの誕生日(※取材の数日前に12歳になった)に、猫カフェに行ったこと。私は原宿でたくさん買い物もした」

ミラ・デラガーザ(Dr/Vo)「東急ハンズに行って、文房具をたくさん買ったこと」

ルシア・デラガーザ(G/Vo)「タワーレコードにも行ったよね。昨日はディズニーシーにも」

エロイーズ・ウォン(B/Vo)「私はペンを2本買った!」

ルシア「あとは、食べまくっている」

ベラ「めちゃくちゃ食べてるよね」



――日本を楽しんでいるようでよかったです。4人は姉妹(ルシアとミラ)と、そのいとこ(エロイーズ)、そして幼なじみ(ベラ)だそうですが、なぜバンドを始めることになったのですか?

エロイーズ「ダム・ダム・ガールズのクリスティン・コントロールが、“ガールスクールLA”というイベントに私たちや他の未経験のキッズを招待してくれて、一緒に演奏させてくれた。そのイベントに出演するために、2週間で5曲のカバー曲を覚えたんだ。まったく完璧ではなかったけど、本当に楽しかったし、それが重要だった。そのイベントでは、クリスティン・コントロールと演奏することができて、ウェスト・コーストのべサニー(・コセンティーノ)とボブ(・ブルーノ)も一緒に一曲やってくれたし、カレン・Oも共演してくれた。本当に素晴らしい体験だった」

――それはいつ頃のことですか?

ルシア「2018年2月だったかな」

ミラ「その年の夏に、ベラが友だちから誘われてライブに出ることになって、私たちをバックバンドとして誘ってくれたの。その時点ではバンド名もなくて、“ベラ&フレンズ”として出演したんだよね」

ルシア「あのライブに出演したことで、失敗したり、あまり上手とは言えないカバー曲を披露したりしても、ステージを楽しむことはできるし、自分たちが夢中になれるようなエネルギーを生み出すこともできるんだってわかった気がする」

――小さい頃から音楽には親しみがあったのですか?

ルシア「私たちは音楽に囲まれて育って、ピアノを習ってた」

ベラ「私はクラシックギターを習っていて」

ルシア「ずっと音楽は大好きだったけど、もっと大きくなるまでできないと思っていた」

――まさに今、成長中の4人に聞くのは変な感じがしますが、どんな音楽を聴いて育ちましたか? 小さい頃からパンクに夢中だったのですか?

ベラ「私はけっこう大きくなるまでパンクは聴いていなくて。子どもの頃は親が聴いている音楽を聴くものだから、80年代のロックをたくさん聴いていた。トーキング・ヘッズとかね」

ルシア「我が家では、イェー・イェー・イェーズとか、スリーター・キニーとか…」

エロイーズ「私はパンクを聴いて育ったような感じ。我が家では、しょっちゅうライブに行ったり、ミックステープを作ったり、レコードを聴いたりしていた。私はアドレセンツやザ・ウィアドーズ、ザ・ジャームス、アリス・バッグとか、そういう音楽をたくさん聴いていた」

ベラ「それに、全員ゴーゴーズが大好き」

ルシア「ジーナ・ショックとプレイできたときは、すごく嬉しかったよね」

エロイーズ「うん、あれは全員にとってびっくりするような出来事だった。親たちにとっても(笑)」



――なぜバンド名をザ・リンダ・リンダズにしたのですか?

エロイーズ「もちろん、ブルーハーツの曲が由来なんだけど、最初にあの曲を知ったきっかけは、『リンダ リンダ リンダ』という日本のインディー映画だった。だから、私たちのバンド名は映画と曲に由来しているんだ」

――2018年にバンドを結成して、2019年にはビキニ・キルのオープニングを務めたそうですね。

ルシア「あれはヤバかったね」

ベラ「確かキャスリーン・ハンナが、私たちがカバーした『Rebel Girl』の動画を観てくれたんだと思う」

ルシア「そんな感じだったね! 一体何が起こったのかよくわからないんだけど、彼女が私たちにチャンスを与えてくれて。どうしよう、とにかくがんばって、必ず良いライブにしなきゃ、と思った」

ベラ「ルシアのパパ(※グラミー賞受賞歴のある音楽プロデューサー/エンジニアのカルロス・デラガーザ)は、私たちのパフォーマンスについて多くを語らないんだけど、あのライブについてはとても感心していた。どうやったのかわからないんだけど、あの日の私たちはとてもタイトだったよね」

ルシア「あのときに初めて、自分たちにもできるんだ、と実感できた。バンドを結成してから一年も経っていなかったのに、あのライブができたのは本当に良かった」

――そして2021年には、ロサンゼルス公立図書館での「Racist, Sexist Boy」のパフォーマンス動画をきっかけに、世界中でたくさんの人がザ・リンダ・リンダズを知ることになりました。あの動画がバズった時は、どう思いましたか?

ベラ「私は歴史の授業中だった。机に置いてあった携帯のバイブが止まらなくなって、先生にイラっとされて、『緊急かもしれないから、念のため確認しなさい』と言われた。それでチェックしたら、ものすごい量のメールが届いていたの。それからインスタを開いたら、タイムラインがすべて自分たちの動画になっていた。びっくりしたし、変な感じだった!」

ルシア「ミラと私はリモートの授業中で、私は科学の授業に集中していなかった(笑)」

ミラ「私は違う部屋で机に向かっていたんだけど、パパが何度も部屋に来て、『君たちバズってるぞ!』って」

ルシア「マジで50人くらいフォロワーが増えたのかなと思ってた(笑)」

ミラ「そんなにたくさんの人たちが自分たちの動画を観たとは思わなかったよね」

ルシア「びっくり!」

エロイーズ「私もZoomで授業を受けていたら、ミラからメールが来た。『私たち、バイラルヒットしてる!』って。バイラルって、(ViralとVirus=ウィルスを勘違いして)コロナにでもなったのかな、と思ってた。でも、私は学校の課題の真っ最中だったから、両親も教えてくれなくて。次の日まで全然知らなかったんだ。そしたらみんなが『サプライズ!』って。課題は無事に終わったから良かったけどね」

ルシア「翌日には3つくらいインタビューを受けたよね。インタビューを受けたのも、あれが初めてだった」

ベラ「また移動ができるようになって最高だね。ずっと(ヒットの)背後にいる人たちの姿が見えていなかったから。いろんなことがバーチャルで、実際に会うことはできなかった。初めて本当に実感できたのは、LAのトルバドールという会場で演奏したとき。同じ空間にファンが500人くらい集まって、みんなが曲を知っていて、一緒に歌ってくれた。最高に奇妙な感じだったけど、やっと自分たちが経験してきたことを目にすることができた」



――アルバムを聴いていると、その若さで世の中をしっかりと見つめていて感心します。曲作りのときは、どのようなことからインスピレーションを得ていますか?

ベラ「私たちはたくさんのものを目にする年頃なんだと思う。少なくともキッズの方が、少し警戒心が強いし、意見をちゃんと声に出していると思うんだ。だから、自分たちが頭の中で整理している様々なことが(インスピレーションになる)」

エロイーズ「私の考えていることの多くは、激しい感情から来ている気がする。私は時々、怒りとかを強く感じることがあって、それを吐き出す手段が必要になるんだ。いつだって曲を書くときは、書かなきゃ爆発しそう!と感じている」

――だからこそ、パンクに魅了されるのですか?

エロイーズ「私が思うパンクミュージックは、その中にある自由であり、やりたいことをやるということ。それに、他人がどう思おうが構わない、という姿勢も。自分にとって大切なことをしている限り、あとはどうでもいいよね? 愛する人たちに囲まれて、自分が大好きなことをしていれば、それでいい。パンクは精神状態のようなもの。パンクがかっこいいのは、たとえ変でもかっこいいところだと思う」

ベラ「自分は他の人とは違うと感じている人が多くて、安心して自分の気持ちを共有できる場所なんだ」

エロイーズ「そうだね。もし自分が変わり者で、自分には居場所がないと感じているのなら、自分の周りに居場所を作って、何か誇りに思えるものを築けばいい。みんなDIYするためだけにパンクをやっているんだと思う。もし他に誰もやる人がいないのなら、自分でやるべき! そんなエネルギーって、本当に特別だと思うんだ」

――今年4月にリリースされたアルバムは、なぜ『Growing Up』というタイトルにしたのですか?

ルシア「正直言って、私は最初、反対していた(笑)」

ベラ「このアルバムには様々なトピックが収録されているんだけど、面白いことに、それらを集めるとまとまりがあるように聴こえるんだ。しかも、パンデミックで会えない時期に、ほとんどの曲を別々に書いたわけだから、変な感じだよね。だから、すべてが腑に落ちたのは本当にクールなことだし、私たちが感じていたことを一番よく表しているタイトルだと思う」

ルシア「そうだね。成長する(growing up)ということは、自分自身について、もっとよく学ぶこと。曲作りのプロセスを通して、私たちは成長したんだと思う」

エロイーズ「私たちの曲は、周りの世界や自分たちの心の中を映し出している。私たちは今、たまたま成長している途中なんだと思う。それに、誰だって常に成長しているでしょ? だから、そういう意味でもこのタイトルがいいと思った」

――パンデミックの最中に成長したり、曲作りをしたりすることについては、どう感じましたか?

ルシア「パンデミックによって、私たちは世間に惑わされることなく、自分自身について学ぶことができた。“バズった”後、自分自身を振り返る時間を持つことで状況を把握することができたし、自分たちが経験したすべての感情を受け入れることができるようになった。だって、本当に怖かったから。でも、それはとても楽しい時間でもあって、私たちにも変化が生み出せるんじゃないか、という力が湧いてきたんだ」



――あの動画がきっかけでバズって以来、最もクレイジーだった出来事は?

ベラ「日本に来られたこと!」

ルシア「よくインタビューで『将来やりたいことは?』と聞かれるんだけど、私たちはいつも『日本に行きたい』と答えていて」

エロイーズ「私たちはどこへ行くときも、親たちが一緒。だから、サマソニのおかげで両親も日本に来られたし、フェスにたくさん出たからヨーロッパにも行くことができた。これまで私たちを育ててくれて、いろんなことをしてくれた両親に、こうやってお返しができて、たくさんの冒険をしてもらえることが嬉しいんだ」

――ベラはバンドの衣装デザインも担当しているそうですが、他に音楽以外に夢中なことはありますか?

ベラ「うん、今回も東京と大阪の衣装をデザインした。私は写真も大好きで、中野でカメラをいっぱい買ったんだ。すごく安かったから、地元にはないようなレアなカメラを買うことができた」

ルシア「エロイーズはバンドのグッズとかのアートを手掛けているんだよね。今回のフェスのために作ったTシャツでも絵を描いてくれて、すごく良いものができた」

エロイーズ「ルシアとミラは、とてもダンスが上手なんだ。ルシアはとても優雅。歩いているときでさえ、踊っているみたいに見える」

ベラ「ミラはシャーピー(油性マーカー)が好き」

エロイーズ「それに、ミラは側転家。側転がとても上手い。なわとびも得意だよね」

ミラ「つまり、エロイーズはアート、ベラは写真とファッション、ルシアはダンス、私は側転が得意」

ベラ「それが私たち(笑)」



――今後の予定は? そろそろ新学期ですか?

ベラ「3人はね。私は違う」

エロイーズ「ベラは卒業したんだよね!」

――おめでとうございます! 今後は音楽活動に専念するのですか?

ベラ「少しの間はそうするつもり。どんな感じか知りたいから、大学にも行きたいんだ。今学期は休んで、1月に入学する予定」

――これからも音楽を作り続けますか?

エロイーズ「そう願ってる!」

ベラ「間違いなく、イエス。できる限り、何年も続けたいな」



photography Satomi Yamauchi(IG)text nao machida


the Linda Lindas『Growing Up』Now on Sale(Epitaph)


――Welcome to Japan! Is this your first time?

All: Yes!

――What are some of the highlights so far?

Bela Salazar: We went to a cat cafe for Mila's birthday (Mila turned 12 few days before this interview.) And I went shopping a lot in Harajuku.

Mila de la Garza: We also went to Tokyo Hands and got a lot of stationaries.

Lucia de la Garza: We went to Tower Records. And then yesterday, we went to Disney Sea.

Eloise Wong: I bought myself two pens!

Lucia: We ate a lot of food

Bela: We've been eating a lot.

――I’m glad you guys are having fun. So you guys are two sisters, a cousin and a friend who all grew up together, right? Why did you decide to start a band?

Eloise: Kristin Kontrol from Dum Dum Girls invited us and a bunch of other inexperienced kids to perform with her at an event called Girlschool LA. So for that, we learned five covers in like two weeks. They were not perfect at all, but it was still really fun and that's what mattered. For that show, Kristin Kontrol played with us, too, and so did Bethany and Bob from Best Coast. They played a song with us and so did Karen O, which was really amazing.



――That's amazing. When was it?

Lucia: That was February 2018.

Mila: Then that summer, Bela invited the rest of us to back her up at a show that her friends invited her to play at. At that time, we didn't have a name. We were just "Bela and Friends" for that show.

Lucia: But then after that show, I feel like we kind of discovered how you could make mistakes on stage and you could learn really not-so-great covers of songs, but still have fun on stage and create a kind of energy that we were just really drawn to.

――Did you grow up playing music?

Lucia: We grew up around music and playing piano.

Bela: I played classical guitar.

Lucia: We always really liked music, but I don't think we really thought that it could be something that we could do until we were older, maybe.

――It feels weird asking because you guys are still growing up, but what did you listening to growing up? Were you always into punk?

Bela: I wasn't listening to punk until I got a lot older. I was listening to a lot of 80s rock because you listen to what your parents listen to when you were kids. So it was a lot of Talking Heads and that kind of stuff.

Lucia: In our household, we got a lot of Yeah Yeah Yeahs, a lot of Sleater-Kinney...

Eloise: For me, I kind of grew up around punk. We were constantly going to shows, making mixtapes and listening to records. I would listen to Adolescents, the Weirdos, the Germs, Alice Bag… Just a lot of stuff like that.

Bella: Also, we all listen to the Go-Go's.

Lucia: That's why it's so amazing that we were able to like play with Gina Schock.

Eloise: Yeah, that was mind-blowing for all of us, and our parents [laughs.]



――Why did you decide to call yourselves the Linda Lindas?

Eloise: Of course, the song by the Blue Hearts, but how we first discovered that was this Japanese indie movie called "Linda Linda Linda." That was kind of how we were introduced to it. So now, we're named after the movie and the song.

――You started the band in 2018, and I read that you opened for Bikini Kill in the following year?

Lucia: That was so cool.

Bela: I think Kathleen Hanna saw a video of us covering "Rebel Girl.”

Lucia: That's kind of it! We don't really know how it happened, but she took a chance on us. We were like, OK, what are we going to do? We're going to work really hard to make sure that the show is really good.

Bela: Lucia’s dad is a man of few words when it comes to if we did good or whatever. And that was one thing that he was very impressed. I don't know how we did it, but I remember that we were tight.

Lucia: That's definitely one of the first times that we were like, “Whoa, we are able to do this, we've made progress.” That was just really cool because we were able to do that after being in a band for less than a year, really.

――A lot of people discovered you when that video of your performance of “Racist, Sexist Boy” at the Los Angeles Public Library went viral. How did you feel when you found out?

Bela: I was in history class and my phone kept buzzing, and my teacher was getting really annoyed with me because I had it on my desk. He was like, "You know what? Just check in case it's an emergency." And I checked and I got like a million texts. And I was looking through my Instagram feed, and my whole feed was the same video clip of us. I was like, what the heck!? So weird!

Lucia: Mila and I were in remote learning and I was busy not paying attention to science class [laughs.]

Mila: I was sitting at my desk in the other room, and our dad kept coming in like, "You guys are going viral!"

Lucia: I seriously thought that meant like we got 50 new followers or something [laughs.]

Mila: We didn't know that millions of people had watched our video.

Lucia: It was mind-blowing!

Eloise: I was also on Zoom for school and Mila emailed me. She was like, "We're going viral!" I was like, what? Viral? We've got COVID or something!? But I was working on a school project, so my parents didn't tell me anything. I didn't know until the next day, really, when I was done with the project. And they were like, "Surprise!" The project turned out well, though.

Lucia: We had three interviews on the next day. That was the first time we started doing interviews and stuff.

Bela: It’s so awesome that we're getting to travel again. Because for a long time, we didn't really see the people behind it. A lot of it was virtual and stuff, so we never really got to see it. I feel like the first time that I really understood what was going on was when we played this venue called the Troubadour in LA. About 500 of our fan were in a room, and they all knew the song and would sing the song. It was just the weirdest thing. But finally, I could see what we've been through.



――Listening to your songs, It’s really refreshing to see how you have your own perspectives on the world and the society at such young ages. What are some of the inspirations when writing songs?

Bela: I feel like we're at an age where we just see a lot of things. And I feel like at least kids are a little bit more alert and they say what they're thinking. So it's a lot of what we're processing at the moment.

Eloise: I think that a lot of my thoughts come from intense emotions. Sometimes I feel something a lot, like angry or something, and I just need a way to get it out. So songs are kind of my outlet to do that. Whenever I write a song, it's like, oh, I need to write a song or else, I'm going to explode!

――Is that why you are appealed to punk music?

Eloise: I think that punk music is, it's the freedom in it and you do what you want. And also, the attitude of it, like, who cares what people think. As long as you're doing something that matters to you, then who cares? As long as you're surrounding yourself with people that you love, and as long as you love what you do, then that's all that matters. Punk is like a mental state, you know? I think that what's cool about punk is that it's cool to be weird.

Bela: It's a lot of people that feel like they're different, and it's more of a safe place for people to share what they are feeling.

Eloise: Yeah, if you feel like you're different and you don't have a community, then you build a community around you, and build something that you're proud of. I think the drive in punk is just doing it for the sake of do it yourself. If no one else is going to do it, then you better do it! I think that energy is really special.

――You released your first album in April. Why did you name it “Growing Up”?

Lucia: I was against it at first, honestly [laughs.]

Bela: Even though there are all these different topics on this album, it’s really interesting because when they're put together, they sound cohesive. It's kind of weird, because we didn't write these songs together for the most part. We wrote them separately during the pandemic, when we couldn't see each other. So it's really cool that it all kind of makes sense. And I think that was the best name that embodied what we were feeling.

Lucia: Yeah, growing up is about learning more about yourself. And I think through the process of songwriting, we did.

Eloise: I think our songs are just like a reflection of the world around us and what's going in our mind, and we just happen to be growing up right now. I mean, everyone's always growing up, you know? So that's just kind of what made sense.

――How do you feel like growing up and making music during the pandemic?

Lucia: The pandemic kind of gave us a space to learn about who we are individually without distractions from the world. After we “blew up”, all that time for self-reflection really helped us learn how to process it and become okay with all the emotions that we were going through, because it was really scary. But it was also really, really fun and we felt really empowered that we could make a difference and do something.



――What do you think is the craziest thing that happened to you after you guys blew up with that video?

Bela: We got to come here!

Lucia: In every interview, they always ask, "What is something that you want to do in the future?" And we always say we want to go to Japan.

Eloise: It's funny because our parents go around with us wherever we go. So they get to go to Japan because we're playing Summer Sonic, and they got to go to Europe because we were playing a bunch of festivals. I think it's cool that after our parents raising us and doing so much for us, we get to give back to them and let them go on so many adventures.

――I read that Bela designs costumes for the band. What else are you guys into other than music?

Bela: Yeah, I did for Tokyo and Osaka. I also love photography. I went to Nakano and bought a bunch of cameras. They were really cheap so I got some rare cameras that we can’t buy at home.

Lucia: Eloise makes art for our merch and stuff. There is going to be a special shirt for the festival that we made that she drew. We are excited about that. It’s a pretty good shirt.

Eloise: Lucia and Mila are very good dancers. Lucia is so graceful. I feel like even when she walks, she dances.

Bela: And Mila likes Sharpies.

Eloise: Also, she's a cartwheeler. She cartwheels very well. And she is good at jump-roping.

Mila: So, Eloise does visual art, Bela does photography and fashion, Lucia is a dancer, and I do cartwheels.

Bela: That's us [laughs.]



――What's next for you? Are you guys are going back to school?

Bela: They are, I'm not.

Eloise: Bela graduated!

――Congratulations! That's such a big accomplishment. Are you going to focus on music from now on?

Bela: I am for a little bit. I want to go to college to see what it's like. I'm taking this semester off and then I'm going to start in January.

――Are you going to keep making music?

Eloise: Hopefully!

Bela: Most definitely, yes, for as many years as we can.



photography Satomi Yamauchi(IG)text nao machida

当記事はNeoLの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ