国内初、高速道路を使った自転車ロードレース 孫崎大樹が優勝

OVO


 自転車のプロによるロードレースが9月25日、高知県宿毛市で行われた。本レースは「三菱地所ジャパンサイクルリーグ(JCL)プロロードレースツアー2022」の第8戦。

ロードレースは総距離125kmで、宿毛市内の高知西南中核工業団地を発着する1周12.5kmのうち約7kmは自動車専用道路の中村宿毛道路を使用。プロのロードレースで高速道路が使用されるのは日本では初めてで、国内外から注目される大会となった。

レースは、Sparkle Oita Racing Teamの孫崎大樹選手が接戦を制し、2時間51分19秒のタイムでロードレース初優勝を飾った。終盤までもつれたレースは、ゴール直線のスプリント勝負となり、6位までが2秒差の結果となった。

孫崎選手はレース後、「高速道路は路面がきれいで走りやすくスピードが出る。大自然の中、アップダウンがあるコースでワクワクした。レースは最後まで激しく面白い展開になり、観客の皆さんにも楽しんでいただけたと思う」と振り返った。

JCLの片山右京チェアマンは「JCLのスローガンは、街をスタジアムにして街を元気にすること。ただ、生活道路を止めると地元の人たちにご不便をかけるため、今回は高速道路の使用に挑戦した」と語り、「高知県とサイクルツーリズムやロードレース、未来のモビリティーにつながる取り組みを一緒にやっていきたい。そして、世界で活躍する日本の選手を育成していきたい」と未来を見据えた。

三菱地所JCLプロロードレースツアーは、大分県で10月1日に「三菱地所おおいたいこいの道クリテリウム」、10月2日に「三菱地所おおいたアーバンクラシック」が行われる。

■三菱地所JCLプロロードレースツアー2022

第8戦 高知県宿毛市ロードレース 結果

1位 孫崎大樹(Sparkle Oita Racing Team) 2時間51分19秒

2位 小野寺玲(宇都宮ブリッツェン) 2時間51分19秒

3位 新城雄大(KINAN Racing Team) 2時間51分20秒

当記事はOVOの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ