サイゼリヤ、牛肉のシチューが激ウマになる”裏技” 「無限に食べられる」と話題

しらべぇ




14日、サイゼリヤのグランドメニューが改定され、新メニューが加わった。その一つである「牛肉のシチュー」と「あるもの」を合わせたアレンジメニューがネットで話題になっている。

実際に、その組み合わせを試してみると…。

【写真】ワインが欲しくなる味付けに衝撃走る…

画像をもっと見る

■本格的なデミグラスソース




今回、加わった「牛肉のシチュー」は季節限定メニューだ。メニュー表をみると、本格的なデミグラスソースで煮込んだ牛肉をサフランリゾットと合わせた「リゾット&牛肉のシチュー」(900円)と単品の「牛肉のシチュー」(700円)が載っている(値段はいずれも税込み)。

リゾットと一緒に食すのがベターだが、今ネット上では「あるもの」と合わせるとおいしいと話題になっているのだ。

関連記事:マクドナルド、激ウマの新商品バーガー 「注文するとき」に気をつけたいこと

■ツイッターで話題になった


発端となったのは、ツイッターに投稿されたあるユーザーのツイート。「牛肉のシチュー」を単品で注文し、「カリッとポテト」(250円)の上にかけて粉チーズを振りかけると、サイゼリヤ史上最強のアレンジメニューができるというのだ。

件のツイートは拡散され、実際に試してみる人が続出。ネット上では、「無限に食べられる」「うますぎて記憶ちょっと飛んじゃった」「ワインと合うし最高」「ポテトの塩気で旨味倍増」など、絶賛する声が多数あがっている。



サイゼのポテトはひと口サイズにカットされ、カリカリした食感で美味しいのだが、「ミラノ風ドリア」や「辛味チキン」などの王道メニューと比べると注文する人が少ない印象だ。王道ではないメニューと組み合わせた意外性も話題を呼んだのかもしれない。

■実際に試してみた




9月中旬、実際にこの組み合わせを試すことにした。そもそも、「牛肉のシチュー」は一度も食べたことがなかったので、まずは単品でいただく。じっかり煮込まれた肉は柔らかく、トロトロだ。



見た目から濃いめの味付けを想像していたが、あっさりした味で食べやすい。そのままでも十分おいしいことが分かったところで、ポテトの上にシチューをのせる。

最後に粉チーズをたっぷりかけて完成だ。期待を込めながらポテトとシチューを口に運ぶ。



…お、ウマいぞ。シチューをかけてもポテトのカリッとした食感は失われない。

こってり好きな記者としては、シチューだけだと少々味が薄いと感じたのだが、ポテトの塩気が加わって非常に濃厚な味になっている。

■ワインが欲しくなる味付け


トロトロな牛肉とカリカリのポテトという対照的な食感も良く、いくら食べても飽きない。この日は、アラビアータスパゲッティも頼んだのだが、パスタとの食べ合わせも抜群だった。



何より、絶妙にお酒、特にワインを欲する味だ。肉と合う赤ワインはもちろん、辛口の白ワインも後味がすっきりしてどちらも相性抜群だろう。

記者は大のワイン好きなのだが、この日は仕事の合間に立ち寄っていたので「ワイン欲」を抑えるのに苦労した…。余談だがサイゼのワインも大好きで、大学時代は友人達と講義の合間に訪れ、デカンタを飲み干すのが恒例だった。

パスタやドリア、ハンバーグなどと一緒に食べても、お酒のおつまみにも最適な「牛肉のシチュー×カリッとポテト」の組み合わせ、試す価値ありだ。

当記事はしらべぇの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ