私立恵比寿中学、9人体制最後の『ちゅうおん2022』に幕 年末に柏木ひなた卒業公演&新体制初ライブ開催を発表

SPICE


私立恵比寿中学が秋の野外コンサート『私立恵比寿中学 We sing a popular tune on the stage 題して「ちゅうおん」2022』を、9月24日(土)・25日(日)に埼玉・秩父ミューズパーク 野外ステージで開催。25日夜の部のレポートが到着した。

『ちゅうおん』は2017年秋からスタートしたライブイベント。ペンライトの使用やコールは禁止、全席着席指定、生バンドによる演奏と、普段のライブとは趣の異なるスタイルでのパフォーマンスは好評を集め、今秋も例年と同じ秩父ミューズパークを舞台に行われる運びとなった。
Photo by 中島たくみ
Photo by 中島たくみ

私立恵比寿中学は。グレーのワンピースやショートパンツをベースにした衣装に、袖や襟には黄色と黒のチェックのフリルが秋らしいポイント、フレアのレースが上品さを引き立てる可愛らしくスマートな衣装でステージに登場すると、Studio Apartmentのカバー曲「Life from the sun」でライブをスタート。
Photo by 中島たくみ
Photo by 中島たくみ

歌い終わると、星名美怜が「こんばんは!秋の香りがする季節となりました!私達、私立恵比寿中学です!」と挨拶し、そのままメンバーの自己紹介へ。小林歌穂が「本日はエビ中の音楽をじっくりとゆったりと思う存分堪能していただけたらと思います」とメンバーそれぞれちゅうおんへの意気込みを語った。8月に声帯ポリープの手術をした真山りかは「今回のちゅうおんでは、喉の調子と相談しながら数曲のみの参加になりますが、精一杯気持ちを込めて歌います!」と話し、ステージから一旦去ると、安本彩花が「どんな時もエビ中はエビ中なので常にみんなで音楽を楽しんでいけたらと思います」と話し「どしゃぶりリグレット」、「曇天」、「U.B.U.」、「日記」と生バンドならではの迫力ある演奏をバックに披露した。
Photo by 中島たくみ
Photo by 中島たくみ
Photo by 中島たくみ
Photo by 中島たくみ

安本が「やっぱりちゅうおんのこの雰囲気は他ではなかなか味わえないので特別感ありますね~。それでは、ここで一曲だけ真山さんを呼びますか!」の声で真山が再びステージに登場し、最新アルバム『中吉』に収録されている「ヘロー」を初披露した。続けて『トキメキ的週末論』をエネルギッシュにパフォーマンスし、「お願いジーザス」を優しく歌い上げ、「感情電車」をお馴染みのフォーメーションで披露しソロコーナーへ。今年のソロコーナーもメドレー形式で、メンバーに繋いでいく。
Photo by 中島たくみ
Photo by 中島たくみ
Photo by 中島たくみ
Photo by 中島たくみ

トップバッターとして、今年12月で卒業が決定している柏木ひなたが宇多田ヒカルのカバー曲「Automatic」を圧倒的な歌声で歌いあげると、小久保柚乃が腕を上げて大きくハンドクラップを誘いながら軽やかなスキップで登場し、くるりのカバー曲「ワンダーフォーゲル」を柔らかに披露。続いて、風見和香がにしなのカバー曲「ケダモノのフレンズ」を透き通る声で歌唱し、小林歌穂に繋ぐ。小林はEGO-WRAPPIN’のカバー曲「くちばしにチェリー」をいつもとは違う妖艶な歌声で届けた。
Photo by 中島たくみ
Photo by 中島たくみ
Photo by 中島たくみ
Photo by 中島たくみ

そして、安本がゆっくり歩きながら登場しMISIAのカバー曲「It's just love」を歌い上げると、その歌唱力で会場を惹きつけた。つなぐ桜木心菜がUAのカバー曲「情熱」を魅力的に歌い上げ、星名が川本真琴のカバー曲「愛の才能」をかっこよく披露。真山りかがSaucy Dogのカバー曲「シンデレラボーイ」を熱唱すると、トリの中山莉子に繋ぐ。中山は、小沢健二 feat. スチャダラバーのカバー曲「今夜はブギー・バック」を披露し、クラップで会場を誘うと、会場は和やかムードに。ラップにはいると、全メンバーが両サイドからステージに登場し、リズムに合わせて手を左右に振ると、メンバーに合わせて観客も応じ、会場の空気がひとつになった。個性溢れるソロコーナーで会場は盛り上がりを見せた。
Photo by 中島たくみ
Photo by 中島たくみ
Photo by 中島たくみ
Photo by 中島たくみ

ライブも後半戦に入り、「さよならばいばいまたあした」を笑顔で歌い上げると、ステージライトが幻想的な空間を演出し「ナガレボシ」をエモーショナルに披露した。そして雰囲気は一転して「スーパーヒーロー」を力強くパフォーマンスし、会場も盛大な拍手で応えた。
Photo by 中島たくみ
Photo by 中島たくみ
Photo by 中島たくみ
Photo by 中島たくみ

歌い終わると、星名が「暗くなってちゅうおんの雰囲気出てきたねー!」と言うと、風見が「ちゅうおんらしくなってきましたね。そんなちゅうおんの雰囲気にぴったりのこの歌を聴いてください」の合図で「蛍の光」、「星の数え方」をしっとりと歌い上げる。バンドメンバー紹介をはさんで、ラストはステージの中央にメンバー全員が手を繋ぎ笑顔で「また明日」を歌った。曲の途中で、メンバーが3人ずつ、「ちゅうおんありがとう!」「最高に楽しかったよ!」「来年も会おうね!」と笑顔で叫び、また柏木のパートになると、メンバーみんなで彼女を囲って歌い、卒業を惜しみながらも暖かく送り出すような華やかなパフォーマンス。ライブ終了後には、柏木ひなた卒業ライブと新メンバーを含む、新体制初ライブを年末に開催することを発表した。
Photo by 中島たくみ
Photo by 中島たくみ
Photo by 中島たくみ
Photo by 中島たくみ

当記事はSPICEの提供記事です。